ツイッタに挙がらないように書くけど、プレイボーイのアプローチを嫌がらない地点で問題あるし、そういう人の気持ちを理解できないはもう問題外。
自分の意中の女性に、”女は皆オレに惚れて当たり前”とかいう自信満々の気障なプレイボーイが近付いてきて口説き始めたら、誰だって不愉快に思うだろ;そんな「最低」な形のナンパを嫌がらない地点でアウトだけど、増して「あれを不愉快に思う奴ありえねー」とかまで言う女とかほんと何様、って思う…;
2016.02.23 Tue l 日記 l Comments (2) Trackbacks (0) l top
・明日秩父へ行くので今日の内に1年を振り返る。

今年は本当に色んなことがあった;
というか、初めは地獄、終わりは天国、と言うべきでしょうな。

最初の数ヶ月はとにかく坐骨神経痛に苦しんでいて、120キロの体重を凡そ3ヶ月で102キロまで下げたダイエット(←ぶっちゃけ、食う量を減らすのが最も重要で、TVとかで宣伝されているようなやたら金のかかるダイエット法は無視していいw食べる量を少なくして適度に歩く等の運動をすれば痩せるw)、そして、DQ8リメイクやあの花実写化等、事前には不安しかない情報にほぼ狂わされていた感じだったな^^;

しかし、それと同時に、秩父巡礼が本格化したこと、あの花絡みで色んな人脈ができたことは、年の前半から幸せだった(^^)
それがきっかけで女装コスデビューもした今年だけどw、経緯はある意味ゆきあつと被る部分があるんだよなwというのも、あの花実写化等という、最も恐れていたことの一つが現実となってしまうのがわかったその日に、あなるコスの女装レイヤーの方と会って、コスしないかと勧められたが、あの花実写化と聞いて心が荒れ、同時にDQ8リメイクの話でも、永年のトラウマを穿り返された気分で、ヤケになって、鳴子が好きすぎるあまり、コスプレをやってしまった、という心情が最も正解かも(笑)
まあ、それが思いの外人気のようで嬉しかったんだがw

それで、DQ8リメイクの発売前だけど、昔から主張している、「主人公は誰ともくっつかないか相手を選べるかにすべき」という当たり前のことに対して”過激”等という根拠の無い中傷をぶつけてくる連中、しかも、その中には自称”主ゼシ派”ながらも私を過激派呼ばわりする、事なかれ主義の奴隷レベルの発想を持った連中が心底不愉快だった故に、活動ジャンルを完全にあの花に移転させることも考えていたんだが、そしたら、最早期待していなかった頃、秩父で面白い結果になったここさけ試写会(笑)から帰ってきたときに、まさかの主ゼシルート追加を知って、そのとき、神が舞い降りた!*^^*

今年はなんといってもこれww
発売日だけで見れば2004年11月27日から、2015年8月27日という、丁度10年と9ヶ月。苦節129ヶ月(何)、遂に報われる幸せ♪♪♪
8JDannasama.jpg

昔から私を知る人には、どれだけ良い意味で衝撃的だったのかは言う必要ないんだけど…語ると限が無いから、とにかく幸せ、とだけ綴ろうw

思えば、PS2版のDQ8で深く傷ついて、それを永らく抱えながら生きていき、そのトラウマを穿り返されると思ったらそのことが再び自分に幸せを齎した…と考えると、あの花の物語そのままかもしれない。
自分は超平和バスターズの凡そ倍くらい生きているんだけど、あのトラウマが出たときも年齢がバスターズの倍くらいで、それを抱えた期間も彼らの倍くらいだから、若い人にとっては年月がかなり永く感じられる分、感覚的には同じようなものだw

今年の漢字といえば、間違いなく「救」か「報」だね。

…それで、ここ暫く、ほぼ毎年「新しく出逢った嫁キャラ(ゼシカと鳴子の2人は別格だけどw、”今年の、前述の2人の次にかわいい”というキャラw)」が出るが、今年は色々と候補が多いw
なんといっても、その候補の中にミーティアがいる、というのが、8がリメイクされる前は考えられなかった。いや、主姫一択の頃は、ミーティアはどうしても、負の感情が邪魔せずに見ることができなかったので、実質上、「今年出会ったヒロイン」と言っても良いし、リメイクで更に良くなっているから、好感度はかなりアップした♪主ゼシへの気遣いができる彼女は最高*^^*
他の「2015年に出会った嫁代表」候補といえば、順ちゃんと菜月ちゃんも勿論そうだし、twitterフォロワーさんのオリキャラで、主ゼシ夫妻の娘という設定のアラベクトちゃんにかなり熱が上がったw

まあ、簡単に纏めたらそんな波乱万丈な2015年だったけど、とにかく主ゼシ公式化を祝福し、神様とスクエニに感謝したいw

それでは、皆様良いお年を!*^^*
2015.12.30 Wed l 日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top
皆様、今年もメリークリスマス!(^^)
イブは毎度の如く準備で忙しく、本日のミサも一人で行ったが…

…今回は、先日秩父でやったクリスマスライブのレポを少々w

20日の日曜日、昼に「知々夫ブランド館」、夜に「やきとり屋まめちゃん家」で、サンタの恰好をして、アコギ一本での弾き語り(機材無し)ライブ。クリスマスソングをメインにあの花&ここさけも少々混ぜるw

写真や映像は他の方が撮ってくれたものの、まだ手元には無いのですが、宣伝用に自分で撮ったのはこれw↓
SantaKris.jpg

曲目は、昼の部も夜の部も同じだが…

・ノリノリなクリスマスメドレー。ジングルベル→赤鼻のトナカイ→サンタが町にやってくる(全て英語、途中、ラモーンズのBlietzkrieg Bopの掛け声の部分を混ぜる)

・青い栞(あの花OP ver.)

・静かなクリスマスメドレー。きよしこの夜→The First Noel→O' Holy Night(こちらも全て英語で、間に、ベートーベンの悲愴とOver the Rainbowをw)

・白い星。これは、歌詞があの花とシンクロするハンガリーの曲で、自分で日本語詞を書いて時々秩父で演奏しているが、原曲はこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=oHh978yizqQ

・グリーンスリーヴス。英語のクリスマスソング版であるWhat Child is Thisと、ここさけ作中の「私の声」両方の歌詞で。

Last Christmas 途中、Y.M.C.Aと「今、話したい誰かいる」の一部を挿入w

・贈り物→Secret Base
前者はハンガリアンロックのクリスマスソング(原曲こちら↓)
https://www.youtube.com/watch?v=O1bJhAneFrw
これも自分で日本語詞を書いて(こっちはここさけと微妙に内容が被るw)、フレーズの終わり方がもろ「シクベ」だから、そのまま繋げたw

Happy Xmas~War is Over~
最後は毎度のクリスマスライブの如く、ジョン・レノンのこの曲で。非キリスト教徒にも語りかける、大事なのは「愛」だけと主張したいこの曲は、毎度ラストに持ってきますw


…で、声の調子が万全だったとは言えないし、練習する時間殆ど無くてコード間違えもあったので自分としては不満も多々ありますが、まあボランティアだし、そこは皆さん大目に見てくれるかな、と^^;プラスの声結構貰えたから、少しは満足していただけたかな。。。

来年、色んな意味でもっと良いものができたら、なんて考えている。。。


2015.12.25 Fri l 日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top
・コミケから一週間も経って挙げることになってしまったがw、今回の夏コミのレポを綴っていこうかと。。。

そもそも、本来はこの夏コミもサークル参加申込をして、同人誌を売ることを狙っていたのだが、前回の、コミケにおいては初サークル参加申込にも関わらず受かってしまった強運が毎度あるわけではなく、この度は落選(実際、新刊作る暇無かったので幸いだったが;)という結果になったものの、秩父で知り合った、あなるコスをもする女装レイヤーさんから愛を語られたことに感動して、自分もやろうと決心したことから、このコミケが丁度良いデビュー機会となった☆

・それで、コスの入手に苦労した話は今回触れないけど、ともかく、1日目の朝、自転車で行く本来とは違い、電車で向かい、これまた別の女装レイヤー、秩父で知り合った加藤さくら氏と、11時頃にビッグサイト前で待ち合わせをしていた。
彼は「地底人」と書かれたじんたんTシャツを「普段着」として使用しているけどw、今回は「深海魚のアンコさん」という漫画の、タイトルの娘に扮するようでww
女装コス初めて、そもそもコミケの更衣室を利用するのも初めてな自分なんだがw、彼から色々とアドバイスを頂く。。。

先ず困ったのが、コスプレルームに鏡が無い件;普通の更衣室・化粧室を想像していたんだが…よくよく思えばビッグサイトって、(人が最も集まるのはこういうときではあるもののw)こんなイベントをやるためだけの場所ではないから、あそこが常に更衣室ではないのだろうなww

まぁ、鏡は貸して貰って、着替えは早く済んだが、メイクの方は、女性に化けるのは初めてだから戸惑いながらもなんとかこなすw…ってか、最初はスカートを、チャック真ん前状態で穿くという、普段の癖はやはり抜けないw

コスプレは制服姿のあなるで、制服とウィッグはネット注文で入手したもの。ワイシャツは、最大の「男性用LL」を頼んだものの、肩や腕辺りが今にも張り裂けそうで、自前のに変更。靴も、自分のサイズのあのタイプの靴は一箇所の見当てがあったものの、お盆休みのようで、自分の皮靴で。
後は、最大サイズのタイツ、そして、ウサミチのぬいぐるみで、一応あなるが完成したw

・先ず色々回ってみる。東の小さいコスプレ広場には、プリキュアレイヤーさんたちが多かったw
フォーチュンがいたら、「中の人繋がり」で合わせて撮影したかったんだがw

1時半くらいに西のコスプレ広場、まだ行ったことなかった、建物の裏の広い所へ。
しかし、なんであんな迷路みたいな道を作る必要があるのか^^;正面から普通に出入りした方が断然、混雑を防ぐと思うんだが。。。

ここで、このあなるコスを勧めてくれたKazumi氏と合流♪
彼は色々と女装コスをやるんだが、今回は秩父で何度か披露してくれた劇場版あなる姿で、早速2ショットw
Cosplay1 001
Cosplay1 002

いや、真面目な話、色んな人が撮ってくれて、ドンびきされるという予想に比べて、びっくりするくらい人気だったのが非常に嬉しいんだが*^^*
通行中でも「わっ、あなるだ~!」と騒いでくれる人が結構いて、鳴子が直ぐ認識されることに幸せを感じたね~ww

他のレイヤーさんも色々と驚かされる。
ストリートファイター組がいたんだけど、リュウ、サガット、アドン、ナッシュ、いぶき等、皆かなりハイレベルw

1日目だと近くにかなりセクシーなティファ(FF7)がいたw

DQだとクリアリ、3魔法使いちゃん等を広場で発見し、最後更衣室へ戻った際は竜王が後から来たなあw

あの花は、1日目はめんま(女性)が一人、合わせて撮影して貰ったww

それと、ラブライブのまきりんぱな3人組、こちらは自分と同じ女装レイヤーだが、名刺を頂くw

そんな感じで1日目は、ウィッグの暑さがヤバいながらも無事終了、帰りは、3日目サークル参加のmegさん&ニックさんと有楽町のサイゼリヤで食事と言うかほぼドリンクバーww


・さて、一日挟んで、3日目は同じくらいの時間帯で到着するが、今回は東京テレポートで下りて、例のお台場のここさけ&あの花展にまた顔を出す。占いキャラはまだ変わっていないようだ。
そこから一駅歩き、前々日と同じ11時くらいについたものの、まだ列は並んでいるようで、こりゃ1日以上に混むな、と焦る。
幸い、更衣室には同じくらいの時間に入れて、1日目の教訓も兼ねて鏡もしっかり購入したw
CA3E0559.jpg
↑劇場版の鳴子様の服を思い出させる模様を見て即座に買ったよ♪

今回はmegさん&ニックさん、そしてお仲間のさかき☆よーまさん、kitiguyderさん及び奥方が合同でやる俺妹のサークルへ。アンソロを購入。奥様は黒猫コスで登場、後で合わせ撮影をする話にw
キチさんはあの花もDQ8も御存じのようで、前回のコミケで出した主ゼシ&じんあなコラボ本を渡すw

あ、冬コミサークル参加登録書も勿論買ったw

で、再び西のコス広場へ。Kazumiさんは今回緋村剣心で出馬!w

今回も多くの方に撮って頂いた♪
ウサミチのぬいぐるみで「これがないと寝れないの!」のシーンを再現等、ネタも使ったw
ってか、同じくウサミチが出てくるWorking!のグループがやってきたから、使うかと尋ねたが、遠慮されたw

あの花は、めんあつ(←めんま恰好のゆきあつw)のお一人と合わせ撮影。←というか思うんだけど、俺があなるの恰好してもあなるって言われるけど、同じく男性がめんまのコスをするとゆきあつと認識されるんだよなww
ただ、このめんあつの方、あの花実写化に反対するプレートを掲げて、そこに激しく同意した。
↑キチさんもかなり実写化否定していたな。。。全くもってよくわかります。。。

後は、キャラを知らないけどかなりスタイルの良い美しい方が隣で撮られていた。身長もスタイルも本物の鳴子並で、胸の大きさや形をつい横の視点から確認してしまったw決して嫌らしい意図じゃなく、あの花5話であなるの胸が揺れるシーンで横から映るけど、そっくりだったww本来俺じゃなくてああいう人が鳴子のコスをやるべきだ、と素直に思ったよ。。。

…しかし、最後は最早、暑さ・水分の不足などでかなり参っていたのと、最大サイズにも関わらず自分の脚には小さすぎるタイツが「裂けたがってるんだ!」状態になってしまったので^^;、キチさんの奥方の黒猫と合わせて撮る為に屋上のコス広場へ向かった際には、疲れと焦りの両方が重なり、相当ヘトヘトになって迷惑をかけてしまった^^;下手したらウィッグもズレたまま写真に映ったかも;後に鏡で観たらメイクもかなり落ちていたし;ほんとすみませんでした;

今度やるときはもっと余裕持って色々工夫したいな。。。

・帰りはKazumiさんやそのお友達と合流、今度は東京テレポート駅前のサイゼリヤでオフ。
因みに、すれちがいフィッシングの「さまよいの魚」が複数ゲットできたのも嬉しかったな♪←あれはほんと「運ゲー」だから;

サイゼでは次のコス合わせに関して色々。
男コスで、なんか格闘家系のやったらとか提案が来て、自分がどの外人格闘家に似ているのかという、若い頃言われまくっていたことがまたでてきたけど、最終的に落ち着いた案として、私が琴欧州、彼らが行事&呼び出しで相撲トリオでやろう、ということになったw
大銀杏の桂は手に入れ安だろうし、ブルガリアヨーグルトの化粧回しなら琴欧州はわかるかもしれぬが…;しかし、力士の恰好で冬コミは流石に無理だから、来年の夏かなw

2015.08.21 Fri l 日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top
This journal may only be viewed by Blog friends.
2015.08.21 Fri l 日記 l top