・前回書いた所からだいぶ進んだので、ちょっと纏める。

※尚、ネタバレして欲しくない方はご注意ください。。。
















・先ずウッドパルナ。
マチルダの一件は何度見ても泣けるなぁ^^;今回も「逃げ」で回避できたのが幸いだが・・・;
ってか、NPCのマチルダも強いけど、ハンクが凄いことになってる。通常攻撃ではPS版同様30程度なのに、会心の一撃で150以上出せるとか;いったいどうやって・・・5の大木槌や4の鬼棍棒みたいなシステムか?!;ゴーレム殆ど彼の一撃で倒したw

というか、今回は毎度(?)、フィールド上の宝箱が1個あってだいぶ助かる。

しかし、「マチルダ」というと、「レオン」のヒロインを思い出すけど、その主題歌のサビが、
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=S1xjq-QUOiM

「スペードは兵士の剣(←キュアソード、確かに合ってるw)、クラブは戦争の兵器、ダイヤはこの商売での金(>ぶっちゃけ今年は、ダイヤよりはクラブの人の方が金持ってそうだけどw)、でもそんなの俺のハートの形じゃない」って、ドキプリを連想させるw そのドキプリで、第1話から塔の上にカニのモンスターって、なるほど、7発売に合わせたのね!経緯はこうです!(>それはハンクじゃなくてモンク!w>謎)

・「エンゴウ守」の一件(何)・・・なるほど、ルージュが炎の技を使うわけだ(ほんと何)
シンボルエンカウント、やっぱ問題がある;何かというと、フィールドは殆ど避けられるけど、こうした狭い通路でとことん戦闘を強制され、敵の出る頻度がPS版とかなり変わってくるから、経験値の獲得も変わってくる;ダンジョンの中を進むのが物凄いストレスだ;
↑これでも、9の時よりは敵の動きもだいぶ鈍くなっているけど、それでも、狭い出口の通せんぼは卑怯だ;

・ダイアラック。
PS版では余りに多くの石像が思い出を語っていて、それが大分削除されているのは良い。クレマンに嫉妬していた男とか、あの頃色々面倒だったんだよな;
しかし、このイベントのヒロインが「ミリー」なのは忘れていたミミ(>おいw)>フェアリートーンの場合、他にも「ドリー」が実在の女性名にあるけどw>「シリー」は無いから大丈夫!w>「シシリー」ならあるけどw>もうええねん!

そして、イベント解決した後、移民の町でシム爺さんに会おうとしたら・・・
・・・そこにいたのはブッキーだった!!!wwwww(何)
嫌、あのティアって娘、黄色い服装にあの髪型、おまけに、動物ではないけどモンスターと仲が良い所・・・完全に山吹祈里だと思ったw
今回の移民の町はモンスターパークと共同っぽい。まぁ確かに、ルーメンまで出てこないのもちょっと問題あった気が;だから魔物の餌も入手して、針千モグラとかテールモンキーとか早速懐いてくれたw
で、移民は、元モンスターだったという人間。先ず、山吹・ティア・祈里(誰)の恋人(?)、元スライムの吟遊詩人「スララン」だけど、「~ラン」と話すのって、完全にプリキュアのパートナー妖精と同じパターンじゃん!w(>というか、人間姿でも口癖が同じなのってキャンディだけだよなw)

それで、すれ違い石板もちょっと冒険。最初の、スライムだらけの森(だっけ?)をクリア。ウッドパルナの森と、ギュイオンヌ修道院への道もどきで構造されたダンジョンだが、出てくる敵はスライムのみ(>「スライム系」ではなく、青いスライムだけ)w小屋にいるボスも巨大なスライム、キングじゃないけどキング並みのステータスを持った巨大化したスライム。こいつを相手に初めて、全滅するんじゃないかと焦った;スライムだと思って油断したら結構強いからね;

それで、こうしたダンジョン、宝箱にゴールドが結構入っていて助かるが、ダーマ以前にレベルを上げ過ぎたくないので、先ずはこの一箇所だけ。

・オルフィー。
ニワトリ店の台詞がそのまんま。サイトの方でも挙げているけど、以前、DQ7動物語研究をちょっとやったんだよねw
後、豚がぶよぶよ太ってうまs・・>こら!
ガボ仲間に。そして狼も一緒。家の中まで狼に乗ったままだけど、ちょっと立ち止まると背中の上で寝てしまうガボw

後、「魔封じの洞窟」って名前が付きながら、デス・アミーゴのフロアでも呪文が使える、って後から言った人がいるんだが・・・自分は最初から無理だと思って薬草だけで倒したけどw

ここで、PS版の時にもやっていた、経験値調整を。
主人公とマリベルを、可哀そうながら戦闘不能にして、ガボの経験値を二人に近づける為に、どっち道抜けるキーファと二人で修行。こうでもしないと、ガボのレベルアップが異常に遅いから;お蔭で最初の二人のレベルを上げ過ぎずにゴールド溜まるしw
場所は炎の山の回復ポイントの傍。しかし、二人殺した後、異様にモンスターが懐いてくる。
主人公かマリベルを怖がっていたのか?!;

・レベルが整って、ゴールドもだいぶ溜まった所を、フォロッド城イベントへ。こうやって行くと、武器防具全て新しいのが買える。かなり幸運の場合は鉄の斧、この3DS版でも入るかもしれぬが、そこは狙わず;

というか、真面目な話、愛する人を失ったゼボットの悲しみもわかるけど、やはり「真の悪」とは、
どんなことでもプログラムされれば正しくなる、機械のような考え方だ、というのが、日本社会に生きていればわかるぞ;
ぶっちゃけこの作品でゼボットが主張しようとしていることの一部は、自分で善悪を判断できず、上の命令が絶対だ、という人工的思考の日本社会を美化しようとしている気がする^^;

・・・しかし、ゼボット、というか彼に限らず今回の学者のグラフィックって、マルチェロかよ、と思った件w

・グリンフレーク。
マーニャ&ミネアがあのままで健在なのは嬉しかったw
↑pixivとかで、7の格好した二人を描く人いないかなあ、今度探してみようw

ってか、イワンが異様にイケメン?!;
リンダは何気にビアンカ似だしw
・・・しかしまぁ、やはりここの人間関係の複雑さは・・・今後のことも考えると、やはり思う、
「メフラン、あなたは悪くない」とw(何)
(↑「メフラン」は、トルネコ3で仲間にするあめふらしの名前)

後、洞窟魔人は相変わらず強いが、踊る宝石、嫌らしい技は使わなくなった?w

それで、メモリアリーフに、ギュイオンヌ修道院。
なんか、オリジナルの時はフィッシュベルの自宅でいつでも寝泊まれるような気がしたが、今回はそれができない;
故に、あの修道院にちょくちょく通ってあそこでセーブする自分w

・さて、次はユバール、とうとうキーファとおさらばか・・・;
ユバール終えたらラッキーパネルに打ち込むから進行は暫くストップするけどw
(ツイッターのフォロワーさん情報により、ウォーハンマーも手に入るとかw)

2013.02.09 Sat l プレイ日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://idealistkris.blog.fc2.com/tb.php/90-7f814bdd
Use trackback on this entry.