<詐欺容疑>女装して婚約 現金だまし取る 33歳の男逮捕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130116-00000000-mai-soci

嫌、当然犯罪だし良くないことだけど、笑ったのは否めないw
先ず浮かんだのはかの有名なこのシーンw↓
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=qWS2NVX6VP0
「お熱いのがお好き」のラストシーン、女装が行き過ぎてプロポーズされると色んな言い訳つけて必死に断ろうとするジャック・レモンw
「ほら、アタシこの髪も本当のブロンドじゃないし・・・」
「そんなのどうでもいい」
「でも、アタシ一日中煙草吸うのよ?!」
「気にしないさ」
「後アタシ、酷い過去があるのよ!この3年間バンドでサックス奏者と付き合ってたの」
「許すよ」
「それにアタシ、子供ができないし・・・」
「養子を取ればいい」
「わからん奴だな!俺男なんだっつーの!」
「完璧な人なんていないさ」

↑なんか、ルパンでもこのシーンパクったのを見た気がするけど・・・w

・・・後に、ダスティン・ホフマンやロビン・ウィリアムズ等も女装で大成功したのだが、
ハンガリー映画でも既に40年代初頭に、女装した男性が主役を務めた映画が人気を集め、
それが2000年代になって原題の設定にリメイクされた。

そのリメイク版の主題歌だけど、歌詞の中には今回の事件と繋がる部分も何気にあるw↓

<映画タイトルは「スカートとズボン一着」、主題歌は"Back 2 Black"(バックトゥーブラック)というグループ+映画のヒロイン役による「彼はプリティー・ウーマン」
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Hq1buQlI9k8

待って、この映画フィルムは決して新しくはない
でも役を演じたら、それが災いの元よ
このブラウスとピアスがいる、そして君とのダンスは特に良い
でも暴走した大騒動から怒れたロマンスが生まれた

気にしないで、スカートとズボン一着、よくお似合いよ

彼はプリティー・ウーマン、愛は遊びに過ぎない
心を弄ぶのもお手の物
それでも欲しい、代償が幾らであろうと
戦いに限度はない

彼はプリティー・ウーマン、愛は遊びに過ぎない
心を弄ぶのもお手の物
女装していったい何のつもり
戦いなら受けて立つ

待って、欲望が君を追うまで諦めはしない
全て怒れているかもしれないが、この気持ちに扇動させられる
心をズタズタにされ、嫉妬しているけど何故
それと同時に自信満々、それなら良い
男から見れば、難儀な女の運命は疲れるでしょう

気にしないで、スカートとズボン一着、よくお似合いよ

彼はプリティー・ウーマン、愛は遊びに過ぎない
心を弄ぶのもお手の物
それでも欲しい、代償が幾らであろうと
戦いに限度はない

彼はプリティー・ウーマン、愛は遊びに過ぎない
心を弄ぶのもお手の物
女装していったい何のつもり
戦いなら受けて立つ

全てが希望を失った演技だとは思わないで
モノにする、それだけで十分

彼はプリティー・ウーマン、愛は遊びに過ぎない
心を弄ぶのもお手の物
それでも欲しい、代償が幾らであろうと
戦いに限度はない

彼はプリティー・ウーマン、愛は遊びに過ぎない
心を弄ぶのもお手の物
女装していったい何のつもり
戦いなら受けて立つ


2013.01.16 Wed l 日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://idealistkris.blog.fc2.com/tb.php/81-4e3b2605
Use trackback on this entry.