・明日、というか日本の日付では既に今日、日本へ戻る。到着は26日の朝。

先日ヴェスプレームの実家を去ってからブダペストにいる。
23日は、国会議事堂の前で行われた俗称”ハンガリー動乱”の、「’56年の56周年」イベントに参加した。(>あの革命があっただけに「56」という数字はハンガリー人にとって印象的で、社会主義の頃は、宝くじで「56」が出てもやり直したという噂まであるw)

EUに利用されっ放しなのを拒んでいるオルバーン首相のスピーチに約40万人が参加。ブダペスト周辺の全人口が凡そ2百万人だから、かなり大きい数字。
1月にも、彼のそうした政策に不満を持つ外国のマスゴミがやたら叩いた際に、国民がどれだけ今の政府を支持しているのかを見せるべく、同じような「平和行進」が行われたけど、ドナウのそれぞれの橋を渡って国会議事堂へ集まっていく人の群れは、ビッグサイトのコミケ以上だよ(笑)

で、それに対して、権力欲しか頭に無い前政権の連中はというと・・・
・・・先代首相、相棒曰く”バイナイポンポイプワプワプー”ことバイナイ氏が(←ぶっちゃけそれ、藤原はづきに大して物凄い失礼だと思うんだがw)、奴の有り余る程の金で何とか2万人を集めて反政府デモを行った。
バイナイは、他に引き受ける人がどうしてもいなかった結果首相になった2009年の頃も無所属で、そもそも政治活動は完全に場違いなビジネスマン。
今回のデモで、やたらオルバーン首相をファシストの犯罪者呼ばわりして根拠の無いことを叫びまくり、だけど、今の与党に失望した右派も歓迎する、とか言う。今の与党に失望している右派というのは、極右の、それこそファシストに近い人がいる一味なのにw

TVでちょっと採り上げられていたけど、権力が相手側にあるのを妬んでいるだけなのが余りにも明らかで、寧ろ恥をかくレベルのスピーチだった;

でもって、奴は現在、新しく政治団体を結成したんだけど、今後政党になって今の政権を倒そうとか考えている。なんか、他でも聞いたことあるせりふだな、おいw


・・・と、まぁともかく、26日からはまた日本にいる。
残った写真は戻ってからアップ予定。
プリキュア4週間分、撮れてますように・・・w
2012.10.25 Thu l 日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://idealistkris.blog.fc2.com/tb.php/52-c8690177
Use trackback on this entry.