・なんか、親父とスカイプで話したけど、先日、ハンガリーで日本人の書類が偶然みつかったらしい。

ウチの従姉妹の旦那が、ブダペストで王宮の丘へ登る途中、たまたまどこかの石垣に座って、間違えて一つの石を動かしたら、その下から、漢字が書かれた謎のカードが数枚でてきた。
彼は当然読めないのでその後親父にみせたら、それは、愛知県豊川市に住む男性の運転免許証と、銀行口座のカードであることがわかった。
恐らく財布を盗まれ、現金を持っていかれても漢字ばかりのカードはどうしようもないので隠した、ということだろう;
もうだいぶ前の出来事かもしれないし、日本へ戻った彼はとっくに新しく作って貰っている可能性は大きいけど、それでも、無くて困っているかもしれないから、親父は、ヴェスプレーム県日本・ハンガリー友好会の会長として、免許証に書かれた本人の住所宛てに送った。

今のハンガリー、残念ながらあんな風に盗む奴が結構いて、特にブダペストは、強盗を防ぐべく家の入口には鉄格子が置かれているが(逆に田舎へいけば、日本でも見かけるように、畑で売る野菜や果物を、「ここにお金入れて下さい」と放置できるけど)、それで観光へいらしたでしょうこの方がハンガリーに対して偏見を持って欲しくはない。。。

届いてくれることを祈る。
2012.09.06 Thu l 日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://idealistkris.blog.fc2.com/tb.php/39-eb95598a
Use trackback on this entry.