・明日秩父へ行くので今日の内に1年を振り返る。

今年は本当に色んなことがあった;
というか、初めは地獄、終わりは天国、と言うべきでしょうな。

最初の数ヶ月はとにかく坐骨神経痛に苦しんでいて、120キロの体重を凡そ3ヶ月で102キロまで下げたダイエット(←ぶっちゃけ、食う量を減らすのが最も重要で、TVとかで宣伝されているようなやたら金のかかるダイエット法は無視していいw食べる量を少なくして適度に歩く等の運動をすれば痩せるw)、そして、DQ8リメイクやあの花実写化等、事前には不安しかない情報にほぼ狂わされていた感じだったな^^;

しかし、それと同時に、秩父巡礼が本格化したこと、あの花絡みで色んな人脈ができたことは、年の前半から幸せだった(^^)
それがきっかけで女装コスデビューもした今年だけどw、経緯はある意味ゆきあつと被る部分があるんだよなwというのも、あの花実写化等という、最も恐れていたことの一つが現実となってしまうのがわかったその日に、あなるコスの女装レイヤーの方と会って、コスしないかと勧められたが、あの花実写化と聞いて心が荒れ、同時にDQ8リメイクの話でも、永年のトラウマを穿り返された気分で、ヤケになって、鳴子が好きすぎるあまり、コスプレをやってしまった、という心情が最も正解かも(笑)
まあ、それが思いの外人気のようで嬉しかったんだがw

それで、DQ8リメイクの発売前だけど、昔から主張している、「主人公は誰ともくっつかないか相手を選べるかにすべき」という当たり前のことに対して”過激”等という根拠の無い中傷をぶつけてくる連中、しかも、その中には自称”主ゼシ派”ながらも私を過激派呼ばわりする、事なかれ主義の奴隷レベルの発想を持った連中が心底不愉快だった故に、活動ジャンルを完全にあの花に移転させることも考えていたんだが、そしたら、最早期待していなかった頃、秩父で面白い結果になったここさけ試写会(笑)から帰ってきたときに、まさかの主ゼシルート追加を知って、そのとき、神が舞い降りた!*^^*

今年はなんといってもこれww
発売日だけで見れば2004年11月27日から、2015年8月27日という、丁度10年と9ヶ月。苦節129ヶ月(何)、遂に報われる幸せ♪♪♪
8JDannasama.jpg

昔から私を知る人には、どれだけ良い意味で衝撃的だったのかは言う必要ないんだけど…語ると限が無いから、とにかく幸せ、とだけ綴ろうw

思えば、PS2版のDQ8で深く傷ついて、それを永らく抱えながら生きていき、そのトラウマを穿り返されると思ったらそのことが再び自分に幸せを齎した…と考えると、あの花の物語そのままかもしれない。
自分は超平和バスターズの凡そ倍くらい生きているんだけど、あのトラウマが出たときも年齢がバスターズの倍くらいで、それを抱えた期間も彼らの倍くらいだから、若い人にとっては年月がかなり永く感じられる分、感覚的には同じようなものだw

今年の漢字といえば、間違いなく「救」か「報」だね。

…それで、ここ暫く、ほぼ毎年「新しく出逢った嫁キャラ(ゼシカと鳴子の2人は別格だけどw、”今年の、前述の2人の次にかわいい”というキャラw)」が出るが、今年は色々と候補が多いw
なんといっても、その候補の中にミーティアがいる、というのが、8がリメイクされる前は考えられなかった。いや、主姫一択の頃は、ミーティアはどうしても、負の感情が邪魔せずに見ることができなかったので、実質上、「今年出会ったヒロイン」と言っても良いし、リメイクで更に良くなっているから、好感度はかなりアップした♪主ゼシへの気遣いができる彼女は最高*^^*
他の「2015年に出会った嫁代表」候補といえば、順ちゃんと菜月ちゃんも勿論そうだし、twitterフォロワーさんのオリキャラで、主ゼシ夫妻の娘という設定のアラベクトちゃんにかなり熱が上がったw

まあ、簡単に纏めたらそんな波乱万丈な2015年だったけど、とにかく主ゼシ公式化を祝福し、神様とスクエニに感謝したいw

それでは、皆様良いお年を!*^^*
2015.12.30 Wed l 日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://idealistkris.blog.fc2.com/tb.php/278-dc4a4690
Use trackback on this entry.