DQシリーズを知ったのがトルネコ1からという自分だが、PS版のトルネコの大冒険2は、初めて「発売日に買った」DQ系のソフト(予約はしていない)。
しかしながら、全ての要素を完全制覇する見込みは、最早何度目の再スタートかわからない今回が初めてだw
不思議のダンジョンはシステム的に、トルネコ2までが好きで、シレン2以降についた、紛らわしくなった部分は結局馴染めなかった;
逆にイネスや幼少ゲルダのような萌えキャラが増えたのはその後、というのもわかるけどw
結局トルネコ3も少年ヤンガスも、進んだのは表ED辺りまでで、裏から真の冒険が始まるこの不思議のダンジョンシリーズをやり込んだのは初期の頃のみ。
(↑シレンGB2/DS2は、お竜そっちのけてアテカ姫と強制CPというDQ8の二の舞が怖かったし(←実際はリメイク追加要素でも少しフラグが立つだけで大したことないらしいけがw)、最初のシレンGBは、ゲイズにより大事な装備を失った怒りでソフトと本体を叩き割ったという黒歴史があるw)

それで、このトルネコ2だけど、過去は表クリアとその後不思議100F到達、試練の館のクリアという、最強装備をゲットして最強の敵らを倒すことで満足感を得て、戦士や魔法使いはあまりやる気にならず(魔のダンジョンはメガンテでクリアしたがw)、また、「もっと不思議~」も、単に「不思議~」にハンデがついただけのものだから、放置していた;←「もっと不思議~」系ではSFCシレンのフェイの最終問題が断然最高の出来だと思っているけど、それは、表のダンジョン(テーブルマウンテン)と比べると、かなり自由度が上がって、厄介になっただけというのではなく、プラスのアイテムでも強いのが多いから、なんというか、豪快プレイができて、トルネコ1や2と違って、虚しくないんだw

そんなわけで、トルネコ2を所持して15年半、こっちのもっと不思議~と、剣のダンジョンを初めてやり込むことにした。結局、前者は、相棒と交代でプレイしていき(もう一方はネットのアイテム値段表を常に調べている感じでw)、アドバンスで数え切れぬくらいプレイしなれた彼が、黄金&その他レアアイテム全てゲットできる冒険をモノにしたんだが、それで過去は未到の「ダンジョンゴッド」の称号を得ることにも希望が見えて、完全クリアを目指した。


剣のダンジョンと魔のダンジョンは正直、昔から微妙だと思っていた。
魔の方は、攻撃呪文が効かない敵と、罠や魔法攻撃で呪文を忘れる設定があるせいで真面目にやる気が失せて、結局今回も「バシルーラ+メガンテ」によるクリア。過去と比べて、リセットと金をそこまで費やす必要もなく35Fには辿り着いて魔法の件をゲットしたものの、そこでリレミトを使う羽目に。実際、これでクリアの称号は付くんだけど、「奥深く」に辿り着くべきだろうと思い、その後35階に送って貰ったものの、何度やり直してもメガンテに失敗し、最後は傍に階段があったからLv1の何も持たない状態で「目的を果たして地上に戻へた」結果w

クリア後は暫く魔法使いのままで、冒険回数を増やすことも重ねて、折角だから全呪文修得をすることにしたが、「ザキ」だけはいつまで経っても覚えようとしなかった;ああ、嘗て旅をしていた頃、クリフトの無謀を見て拒絶反応が出たのねw(え?)
(↑余談だが、ザキの杖もインパス無しで判別できた際は「くりふと」と名付ける。トルネコにとって、「即死の呪文」の名前が直ぐ出なくても、クリフトが使いまくってたアレ、として思い出す筈だからww(何)ぶっちゃけ、試練の館の店にもザキの杖があったけど、あのダンジョンはガーゴイルも神父の姿だから、「あんたクリフトだろ!!!」とウケてしまったw)

逆にメガザルはやたら早く覚えることが多いので、ネネさんから、「あなた、旅の頃ミネアさんと何があったの?!」と怖い声で質問されてもおかしくないww(え?)


で、その後、剣のダンジョン。こっちは更に紛らわしく、技のセットとかついていけないし、まして↑と似たように罠や痛恨で装備品が壊れるので、「やってられるか!」な感じだったけど、メイン装備にさえ技をセットしなければ大丈夫、というのに今になって気付いたw
だから、ワープ罠で「脱出」を覚えたら、適当な武器に付けて、それをリレミトの巻物の代わりに持ち歩いていれば、他のダンジョンで全てを合成した最強装備で技を覚えていくと楽。←アドバンス版は未プレイだけど、相棒曰く、そっちでは各技を覚える為の武器を基にしなければならないらしい;
それで「消え去り」「パン落とし」「ハラヘラズ」「身代り」「鉄化」等の役立つ特技を覚えて満を持して挑む。
しかし、それで相棒がアドバイスしていた「身代り+鉄化でそのフロア内ではずっと安全」みたいな美味過ぎる設定はない;普通に元に戻るんですけど;
結局、基本「ハラヘラズの盾」で行動して上の階でレベルをとことん上げ、その後はやはり「消え去り」を併用しながら、パンを十分に蓄えておくのが楽なクリアの仕方だ;
特に奥の階では敵が恐ろしく強いので、26F以降は、基本的に「めんま状態」(>こら!w)で行動した方が良いw

しかし、戦士が聖域以外の巻物が使えないのはわかるとして、白紙に書き込むのも無理っていうのはちょっと・・・ライアン殿は字が書けていたのだろうか、と疑うトルネコだったw(え?)

それで、現在は「ダンジョンエンペラー」で、称号はあと1つ。その条件は冒険回数が1000回に達することだが、魔法使いに戻って、試練の館でメガンテしまくり、今のところ300ちょっとだ;「生きて戻った」回数もある程度は増やしたいから、リレミト覚えたときは即使う形で、時間の面でも効率よく生きて帰れる場合も少なくないw
とにかく1000回を目指しています・・・w
2015.02.07 Sat l プレイ日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://idealistkris.blog.fc2.com/tb.php/254-d02a6666
Use trackback on this entry.