・「あの花」のアニメ本編を観て、今日で丁度1周年になる。
初見の時の感想や聖地巡礼等は過去に書いたが、それだけ大きく影響した作品なので、こうして初見の記念日を祝っている♪

今思い返してみても、本放送当時や直後のネット情報等から知って、やはり、あなるがゼシカに似ているというのが気になるきっかけだったが、子供向け枠が主要エリアの自分、深夜アニメという部門に抵抗があり、また「あなる」という仇名にも困惑して(笑)、そういう釣りが入ったエロアニメかその手のものだと勘違いしていた^^;

後に、物語重視の感動作だという声を、ネットで繋がりのある方々の間でも段々聞くようになって、段々興味が湧く中、直接奨められたこともあって観てみたら人生が変わった。。。

やはりあなるがとりわけ好きだけど、あるキャラが、それまでに愛を注いでいた別のキャラに「似ている」というのに留まるならそれは単なる「劣化版」であり、ここまで惚れることはない。あなるはオリジナルの魅力、特にその一途な乙女心が素晴らしすぎた故に”ゼシカの劣化版”に留まらなかった。
それは、やはり作品そのものの良さのお蔭だろう。
なんか2chのあの花スレだと、特定キャラのファンに対して”こいつはキャラ目当てで見てるから作品自体の価値がわからない”とか貶す馬鹿もいるみたいだけど、作品全体がしっかりしていなければ、キャラの魅力も伝わらない。

言い換えれば、キャラが魅力的に見えるのは、そのキャラを取り巻く世界観、作品そのものが良いからであって、特定のキャラに思い入れが強くなるのは、そのキャラが出ている作品そのものに惹かれたという何よりの証拠。
その中で特別に愛するキャラが出るのはファンの好みの問題で、作品が好きだからこそ特に好きなキャラが出てくるのが普通だと思うよw

自分だって、あなる一押しだけど超平和バスターズ皆大好きだし、彼らの心理描写と共に進む物語には半端無く感動する。。。

なんというか、物語を観ていて、キャラと共に成長できる(>30代の自分だけど/笑)
観ていて段々とあなる推しでじんあなのカップルを応援するようになったけど、当然ながら、めんまの消滅を望んでまでCP成立に拘るのは間違っている、と開き直って、でもやっぱり、めんまの愛を受け止めた上でじんたんとあなるには結ばれて欲しくて、エピローグのハンカチを返すシーンから幸せを貰ったわけだけど、考えてみればそれは作中であなる本人が感じていたことだ、と気付かされる。

「めんま、み~つけた!」って、「5人それぞれが、自分にとってのめんまがどんな存在なのかに気付いた」という意味も込められているように感じるが、あなるにとっては「自分の恋の為に犠牲にしたくない親友、でもその恋をもわかってくれるだろう親友」なんじゃないかな、と。。。


・昨年の今日、そんな風にのめり込んで、結局1日で全話を一期に観てしまった。そして今も同様にのめり込んでいる*^^*

本当に、あの花と出逢ったお蔭で、良い意味で一部価値観が変わったと思える。
DQ8のトラウマとか譲れない部分は今もあるけど、あの花を観ていなかった頃の自分は今よりも過激で、そのせいで余計に人と喧嘩してしまったケースや自分の視野を型にはめて離れていったケースが幾つも思い出され、相手に申し訳なく感じるのが複数ある。。。

過去何度か書いたけど、以前から同性愛への嫌悪感の克服に関しても(本編に直接そういう要素はないが)、あの花を観て最終的に達成できたんだろうと思う。。。

↑いや、男子組の何れかに惚れたとかじゃないからね(笑)
そういう意味じゃなくて、自分は男で、あなるが正に「理想の女性」なんだけど、例え実際に彼女と関わることができたとしても、自分を愛して欲しいとは本心でも望まないまま、彼女の為なら何だってできて、彼女がじんたんと幸せになれた方が俺も幸せ、と感じながらあなるに激しく恋しているのが現状w
そして、そういう形の愛があるなら、また別だけど同性愛だって一つの愛の形だろう、と気付かされて、(元々ゲイのネット友人とかいたけど)、最終的に同性愛を嫌わなくなった、と言えるかもしれぬ。
↑それと同時に、8話のバイトであなるがじんたんに「行っちゃ嫌だ!」と掴みかかる際、あれで振り向いて彼女を抱きしめられないじんたんはきっとホモだろう、という説を、ネタ半分だけどもう半分は真剣に唱えているw
あのときのあなるって、自分的には、外見・中身・雰囲気・状況の何れを含めて、「女性」という存在にときめく全てが詰まっているくらいに愛おしいんだけど、あの気持ちに応えられないじんたんは、ゲイであると考えた方が納得がいく。
勿論、実際にはそうじゃないんだけど(笑)、真面目な話、鳴子から女としての魅力を感じられない男性は、ゲイであった方が仲良くなれる。その場合は仕方ないし責められないけど、ゲイというわけではないのに、あの花本編を一通り観終えた上で鳴子から何も感じない、という男は敬遠したいなw

↑勿論、めんまも天使のようにかわいいし(←個人的には、性格とか含めて”お嫁さんにしたいの好き”よりも”娘にしたいの好き”の方が強いがw)、つるこもグッと来るようないい女だと思うけどw、
女子に限らず、心理描写がここまでしっかりしているキャラは本当に魅力的だな。見た目のデザインも現実離れしすぎていない分等身大に思える良さがある故、更に惹かれるんだろうな・・・w
キャラが皆、言動一つ一つ、身近に感じられる「あの花」の空間が素晴らしい。

そんな「あの花」空間の中で、現役女子高生としてあり得るレベルのナイスバディ美少女であり、健気で一途な純情乙女であり、距離感のない身近な雰囲気が自分には特に伝わるあなるだから、彼女に一番惹かれるし、予想以上に惚れた理由だと思うけど、そんなキャラの魅力を最大限で提供できた戸松さんの演技も奇跡的と言えるほど素晴らしい☆
正直、1年前までは全く知らない声優さんだった。過去演じていたキャラの画像とかは見たことあったけど、「戸松遥」という名前とキャラが一致したのはあの花観たときが初めて。しかし、あれほどリアルに、身近にキャラの魅力を感じさせる演技には本気でシビレて、すっかりファンになった♪←普段、「中の人ネタ」は大量にやるけど、一人の声優、特に自分より若い女性声優をここまで推すなんてことはないw

結局、ずっと語っていったらキリがないんだけどw、戸松さんに限らず名演技をしてくれた声優の皆さん、原作メイン3人組の長井さん、岡田さん、田中さん、そして「あの花」制作に加わった皆さんに、この、自分の初見1周年記念の日に改めて、素晴らしい作品のご提供を心から感謝したい。。。
2014.11.10 Mon l 未分類 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://idealistkris.blog.fc2.com/tb.php/236-c2a341a7
Use trackback on this entry.