・昨日は7時半位に寝てしまったんで、録画から観てレビューが遅くなった、「名探偵モンク」最終シーズンの、最終回前編。
いよいよラストで、ネタバレも益々濃くなってしまうので、ご注意下さい↓























・12年前、トゥルーディが殺される時を再現。
クリスマスの話に出てきた、モンクさんが12年間ずっと開けていない例のプレゼント。
そしてあの駐車場へ向かう時・・・誰かに追われてる?!
例の「おんぷ指」の男(誰)も映ってるし・・・;
そして爆発・・・;

その後現代に戻って、
ナタリーは新しい彼氏のスティーヴンをジュリーと会わせるらしいが、このスティーヴンは、亡き旦那のミッチと同じく「ネイビー」の人・・・ってか、あれ?前シーズンの潜水艦の話にいたのもこの人だっけ?;

そして、今回の事件なんだが・・・殺されたのは薬局の「ナッシュ」という男・・・つまり、犯人はベガなのか?!(違)
モンクさんが辿り着いた有力容疑者はとある殺し屋。
奴の家に捜査令状を、判事から取るんだけど、この判事・・・;
・・・嘗て「鯨のデール」が、トゥルーディ殺害に関する手掛かりとしてモンクさんに与えた名前が
「ジャッジ」つまり「判事」なんだが・・・と思ったらやっぱりそうか。奴がラスボスっぽい。(>何か、他に女も絡んでいた、というのを、シリーズについて調べている中、避けられないネタバレで耳にしてしまったが・・・;)

で、その判事、殺し屋にモンクさん殺害を依頼。
スーパーでナタリーがモンクさんの為の食品を買う時、何か細工?!
食事中、モンクさんが気分を悪くする・・・毒?!
採血・・・しかし針恐怖症のモンクさん・・・何人で押さえなきゃならんのだ?!www

・・・やっぱり毒。しかし、直ぐに効くわけじゃなく、数日かかるらしい。つまりずっと毒に犯された状態、そして、キアリー不可?!毒物の正体がはっきりわからないから、解毒法も不明?!;

ちょっと待て、モンクさん最終回で死ぬ、とかじゃないよね?!;
しかし、症状を抑える為のカプセルも分解して、中の粉を色分けとか、相変わらずだw
後、死ぬ前に嘔吐がある、って言われると、嘔吐の前に死ねないのか等、吐くことの方を心配するw

で、警察は例の殺し屋を生きたまま捕まえて毒物の正体を聞き出すつもり。
けど、ボランティアで参加する警官もあんなに大勢で、モンクさんやっぱり愛されてるんだなw

殺し屋が列車に乗るという駅に私服警官がわんさか。
しかし、アナウンスが無い。ディッシャーが放送室に入るけど、駅員が殺されている。
そこで、アナウンスのマイクがオンのまま、警部に状況を説明して駅中の人をパニックにさせるというw
そこで殺し屋発見。ストットルマイヤー警部が追う。物凄い必死、やっぱマジいい人だよ。
そして、犯人は線路の方へ逃げるが、ここからはもう先が読めた;
やっぱ、列車に轢かれるオチか;

結局毒物の正体を聞き出せず・・・;

そこで、モンクさんは死ぬ前に例のクリスマスプレゼントを開けるが、中身はビデオテープ。
その中に、トゥルーディが告白・・・ってか、「あなたがこれを見る時、私はもうこの世にいないでしょう」、ってパパスの手紙みたいなもの・・・あの時既に、殺されるのをわかっていたのか?!;
というか、トゥルーディ殺害の真相が、ずっとあの開けていない箱の中に隠されていた、とか思うと、なんか・・・ねぇw

そこで前編終了。
ってか待てよ、モンクさんの命が余りに心配だ;
最終回で謎を解いて死ぬ、というと、ポワロの「カーテン」なんかもそうだし;
ホームズの場合も一度死んだ扱いで後に復活、というものだったけど、モンクさんでいうと、あの5期終了の前編と後編の話もその影響を受けているなあ。
モンクさんのモデルがシャーロック・ホームズで、アンブローズがマイクロフト、鯨のデールがモリアーティ教授、という話は聞いたことあるけど、デールを最終的にやっつけたあの時が、一時死んだ扱いにされているわけだし。

しかし、この最後は本当にどうなる?!^^;
2012.07.20 Fri l テレビ番組レビュー l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://idealistkris.blog.fc2.com/tb.php/23-169a8eb4
Use trackback on this entry.