ハンガリーで97歳「ナチス最重要戦犯」拘束、ユダヤ人迫害の疑い
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120718-00000078-jij-int

今更、97歳を引っ張り出して、”最重要戦犯”とか言って、ハンガリー人をまるで”ヒトラーを超える悪党”みたいに仕立て上げる必要があるのは、EUやIMFにこき使われるのを拒否するハンガリーを、叩く為の戦略なのか?!

それとも、ユダヤ人の移民をずっと歓迎して好きにやらせたお礼がこれなのか?!

現在ハンガリーで、政治家・新聞記者の大半がユダヤ人なのはなんでだ?!全国民の中のユダヤ人の割合より遥かに高いんだけど?それでもハンガリーはアンチセミティストな国と言えるわけ?

ってか、なんだよ、”当時ナチスの支配下でハンガリー領だったスロバキアのコシツェ”って表現は?!
「カッシャ」市はそれよりもずっとずっと昔から、ハンガリー人が作ったハンガリーの町であり、チェコスロバキアに移されたのは20世紀以降、そしてそのハンガリー北部にスロバキアという国ができたのは1993年。(その前は、寧ろ、ナチスのお蔭でほんの数ヶ月間、名ばかりの”スロバキア”があったわけだよw)

やはり、ある人物が言っていたように、「スロバキアを代表するのはスロバキア人、ルーマニアを代表するのはルーマニア人、そしてハンガリーを代表するのはユダヤ人」というのが現状だから、こんな悪質なでっち上げでハンガリーを攻撃できるのかな;

嫌、そもそもユダヤ人がやっているのではなく、EUのお偉いさん方が、ユダヤ人を擁護するふりして人気を得たいが為に適当に”戦犯”を見つけたい中で、EUに国ごと取られるのを拒もうとするハンガリーを悪者に仕立てるのが好都合、というのが真相なのかね。。。

1万6千人をアウシュヴィッツの強制収容所に、ねぇ^^;
そもそも”アウシュヴィッツの強制収容所”自体がでっち上げだけど、あんな短期間で大勢を送りこむのも無理があり過ぎる。
そもそも彼らが言っているような虐殺があそこで行われたのなら、(以前も書いたけど)、毎日90台以上のトラックが人間を運び込んで、20数台が灰を運び出さなければならなかったが、そんなのとても現実的にあり得ない話;
でもって、あれだけの人数を焼き殺すのに、周辺の木こり一人につき1日5トン分の木を切り倒して牧にして提供しなければならなかった筈だ(>実際、どんなタフな人間でも、1日提供できる牧は精々500キロ;)。

↑こういうことが書けるのも、日本で日記を上げているからで、現在ハンガリーではホロコーストに関してユダヤ人が提供している情報が全部正しいかどうか、というの大して疑問を発言するのは違法行為にされてしまっている。
それだけ、ハンガリーにおいてユダヤ人への差別があるどころか、寧ろ特権を持っているのがわかるわけだけど、その中には一部、持てば持つ程欲張る連中がいるわけだ。

ハンガリーに住むユダヤ人が皆悪いとか、増してや世界中のユダヤ人が悪いとか言いたくない。
寧ろ、実際にユダヤ人かどうかもわからないけど彼らを擁護してその”敵”をどこからでもいいから発掘する方法で得をしゆおとする一部の傲慢な連中のせいで、真面目にやっている人も偏見を持たれるんだよ;

で、結局97歳でも、’50年代にあったような「見せしめ裁判」で、初めから彼らが書いた脚本通りの適当な罪を問われるのかな?
だって、今更”最重要戦犯”とか発覚するのって、おかしいだろ;
2012.07.19 Thu l 日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://idealistkris.blog.fc2.com/tb.php/22-f09050b0
Use trackback on this entry.