こっちへのコピペをすっかり忘れてしまったプリキュアレビューその2

















・あなるんるん・・基、変わるんるんで、「いおな先生」がマジでキターっ!!!w
ってか、あなるがつるこの眼鏡(上下逆)をかけているんですけどwwwww(何)
そして・・・夏休みの宿題を・・・って、「これ、先生に頼まれた夏休みの宿題!」と、あなるちゃん初登場時の、あの素晴らしい緑色のワンピ姿(←マジセクシーw)で出てきたシーンを想い浮かべる*^^*
↑あの後、帰っていくあなるちゃんが、ピンクに塗った爪を見るシーンとか、心掴まれますね♪

誠司は数学が好き?そういえば理系の人って・・・化学のほのかがいたけど・・・

挨拶はロゼッタ。関西で別の日に映る予定だけど助かった人w
というか、クラブのマークからOP入っていく所良いなwww

誠司のオムレツ・・・ハートがついていることにひめがドキドキ・・・
どうしよう、ひめ!
って、ゆうゆうといおなは気付いた・・・って、いおな占っているし、それも、2人は上手くいくというのが出て慌てる;
そして、ブルーの恋愛禁止支持に寝返る?!;そりゃないだろう、おい^^;;;
戸松さんキャラに限ってそれは酷いよ;>ってか今回の脚本かなり適当な気がするが;
しかし、ひめの誠司への恋だけ異様に心配している辺り、自分も誠司が好きなのか、なんかひめが誠司に恋しちゃいけない理由が特に強いようにも見えるが・・・w

・・・って、ゆうゆうも過去に物凄く恋をしたことがあるとか、衝撃の告白。
相手の幸せを願って諦めたと言うが、なんかどうしても、「食べたかったものを他の人に譲ってあげた」ということが真相に思えてならないwww

後、相棒曰く「ぐらさんが寅さんみたいだった」とw

そんな中、誠司はブルーの方を恋敵として見ているような・・・;
と、ひめの妄想は最早誠司とブルーの決闘wwwまてまてw

しかし、誠司は本当にブルーを呼び出して・・・
「神様さ、めぐみのこと、好き、なんでしょ?」って、そこでブルーが
「誰がこんなブス!」とか言ったら命なさそうだからやめろよ←
ブルーが昔愛した人というのは、間違い無くクイーンミラージュだろうけど・・・

今回の幹部はやっぱナマケルダか。
遂に誠司がサイアーク化したか。
前回の話からは、素材の戦闘能力に応じてサイアークも強くなるように思えたが・・・そう考えると結構ヤバい;所謂、亡霊武者が豆山賊に乗り移るかミノタウロスに乗り移るかって感じで(←何その例え?w)
ってか、フライパン持った主夫かいっ!www←誠司、良いお嫁さんになりそうだよwww(>おい!)
そこに4人、ラブリー、「誠司を返せ」とかwww
はい、この二人もうデキてますねw

最後はひめも二人の仲を認めたのか、それに安心するいおな。逆に誠司とめぐみの仲には賛成しているみたいだけど、ひめが誠司に恋したやたら拙いことが起こる、という占いが以前出たのか?というくらい、ひめが誠司に恋することを恐れるいおなだなw彼女本人は、姉が一番大切だろうけどw、やっぱり誠司が好きなのかな?w

しかし、ゆうゆう、「異常な状況の下で結ばれた男女は長続きしない」って、「スピード」(映画)のサンドラ・ブロックみたいなこと言ってるし;ぶっちゃけ、キアヌ・リーヴスとラブラブだった第1作の後、何も無かったかのように別れて2作目で新しい彼氏が出たのはショックだった^^;

というか、そんな状況での「恋」は思い込み、とかいうのも同意しかねるなぁ^^;
なんか、それで主ゼシ否定するような輩も出てしまいそうだけど、DQではそもそも、
主人公は「冒険者」であり、冒険そのものが人生で決して「異常な状況」ではないんだよ!www
だから、魔物やサイアークと戦う日々を送る中で芽生えたカップルは素晴らしいと思うよ♪

今回のアイテムは「木」だけど、何に使うんだろうな・・・森に住む少女へ「かわるうりぃ」とか?w>おいwww

というか最後の最後でひめ、またドキドキしてるような・・・w


・そして次回だが・・・ハワイのプリキュアキターっ!www
ニュースによれば中の人は、主題歌の吉田さんと仲谷さんらしいが・・・w←あ、つまり、来週は2人でHeart Goes Onみたいな名曲を歌って、片方は来年妖精を演じるのね(え?w)
他にもネタはいっぱいあるけど、それは次回にとっておこうwww
2014.08.18 Mon l ハピネスチャージプリキュア!レビュー l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://idealistkris.blog.fc2.com/tb.php/218-48c9f023
Use trackback on this entry.