・↑あの花最終話でメンバーの中で最初にそういうことが言えたあなるちゃんの台詞が、今回のタイトルwあれは、じんあな派としては一見地雷にも思えるものの;、親友の死を望んでまで恋を叶えようとするのは間違っていると気付いた優しさで、じんたんのめんまへの気持ちをも受けとめた上でやはり彼が一途に好きということから、あなるは本当に良いコだな、と益々伝わってくるわけで、尚更あなるの恋を応援したくなるプラス要素だと思う*^^*劇場版はその暖かさが更に進化している感じで素晴らしい*^^*

後、昨日のBS11ハトプリ再放送、デューンの覚醒話は見逃したのでパス;



・そんなわけで、以下今日のハルカスチャージ、基、ハピネスチャージ↓





















・クイーンミラージュが鏡でフォーチュンとファントムの戦闘を生中継?!;・・・なんか、W杯とかけてるような気もw(え?)>昨晩のブラジル対チリみたいに長引いたから最後キレたとか・・・w(>おい!)
ってか、鏡に閉じ込められたプリキュアの中にマーチっぽいのもいる^^;
ってそこに挨拶がビューティとかwww

他の3人は、元の世界で残りのサイアーク片付ける。トドメはやっぱハニーが四葉財閥から召喚したザラキだねw(何)

出てきたプリカードは魚のパワー・・・これで、人魚ルックがあるとか?!w勿論フォーチュンも一緒だよね!wwwシェルブラ・・・(>こら!w)
ってか、よく見ると、片方は間違いなく人魚だけど、もう片方は女性船員の制服・・・つまり、セーラー服美少女戦士ですか?www初期にレギーネ、後にゆりさんにハミィに今回挨拶担当の母・・・更にリメイク入れたらピースにメロディにもも姉も・・・www(というか、クリスタル版の外部戦士は中の人情報は全く知らぬが、調べたらタキシード仮面がファントムの弟とかwwwで、ルナがケロロの小雪・・・流石に母娘代々ではないのねw>けど、ひめの忍者コスが小雪っぽかった所に関連あると見た!w(>見なくていい!www)

そこにぐらさん。フォーチュンを助けてくれ、と。ってか今回の妖精2匹特にかわいい気がするw

フォーチュンがファントム戦・・・5輪の技を出す・・・W杯観賞みたいなミラージュへの挑発か?w五輪は同じ場所でやるけど2年後だよwww・・・というか、あの花的には「10年後の8月」が東京オリンピックと被る可能性もあるし、それ設定でじんあな結婚話書くのも良いよねwww

・・・しかし、その技の名前が「スター・リング」って、スターリングラードの戦いはナチス・ドイツがナポレオンと同じ間違いを犯してやってしまったのに、それこそ自分たちだけ助かろうと、巻き込んだハンガリー軍を犠牲にして撤退したという、日本にとっての広島や長崎のように、ハンガリーにとって二次大戦で最も多く死者が出た悲惨な出来事だよ・・・^^;それこそ今は、”ハンガリー兵の墓場”として今回の空間みたいな、”静かなるドン”の曲がり角・・・そう考えると、今回は「一人だけ逃げるわけないでしょ?!」なプリンセスは益々偉く見えるwww(>19話の影響でフォーチュンが叩かれた頃にもずっと庇っていたくらいフォーチュン推しの自分だけど、だからって同じようにひめを怨んでたわけではないからねw>怨んでいる「姫」は馬の方ですからw>何)

というか、ファントムの方もブルーの”恋愛禁止”の犠牲者の可能性があるから、拒絶反応持つべきではないかもしれないけど、フォーチュンを悲しませた件は絶対許せないwww

キュアテンダーの鏡・・・戦いを再現、見ていたいおな・・・いくつだったんだろうw
テンダーは妹を庇って倒れたのね・・・;なんとなくそうだろうとは思ったけど、そう考えると、フォーチュンの復讐心には更に頷ける。。。

遂に変身解けてしまったか;しかもプリカード燃やされて・・・ファントムテメェ!!!^^;
しかし下着姿のいおなちゃんには鼻血が・・・(>こら!!!)
そこに駆けつけてくる3人と2匹・・・いおなの胸に跳び込むぐらさん・・・wwwぱふぱf・・それはあなるちゃんでやれ!!!wwwww
ってか胸叩く音が硬そうなのは嫌がらせ?!;(>え?!)

↑というか相棒は、”ロイヤルぐらさん”か”ミルキィぐらさん”の登場かと思ったらしいw
或いは”GR”という、去年のDBさんみたいな・・・w>って、”ぐらさん”ならばGSとかだろうし、そもそも”グラス”が語源だからせいぜい”GL”(>百合という意味とかける意味でもw>え?w)なんだけど、考えてみればダビィもダビデ王が元ネタだからDBじゃなくDVの筈・・・若しくはDVD>違!

プリンセス、謝ってくる。その後フォーチュンも同じように謝る所とか含めて、本当に劇場版あなるが
”めんまに伝えなければならないこと”を思い出したw(え?)

でもって、ひめといおなの百合モード開始wwwカード全部あげてるし、逆にいおなの方が、ひめの願いを気遣ってるとか、予想通りに和解するけどやっぱ感動だな*^^*
ひめもかなり成長できたのがわかるし、そこでちゃんと認めて、自分の方も謝る所、素敵だな~♪
「こいつに限って、闇堕ちや虐めなんてぜってえやらねえ!」ってあなるを庇ったじんたんみたいに、
19話のフォーチュンを庇った自分だけどw、やっぱ言った通りだろう。。。

そして、来ました~、フォーチュンの変身!!!wwwww

あなるんるん!!!www(>こら!!!)

「夜空にきらめく希望の星」*^^*>これ、ネタバレであったので前々から、(←下手したら他の3人の決め台詞を完全に記憶する前から;)覚えていたw

以前から情報はあったフォーチュンピアノだけど、紫から音が始まって・・・つまり、ドドリー、レレリー、ミミリー・・・と続くのか?!(>こら!>ってか”シシリー”って、リズムがヒロインやってる”ポワロとマープル”でハミィが演じたんだよwww>何)・・・後、あなるだけに”尻ー”ネタだけど、フォーチュンタンバリンで尻を叩くシーンで皆さん騒いでますなwww(>だからやめい!w)

ってか真面目な話、今回のフォーチュンに凄い感情移入する部分がある。
自分も、過去は9年間もある意味憎しみで戦ってきて、DQ8のエンディングに対する怨みが最大の原動力だったんだけど、昨年11月にあの花を初めて見て、作品全体や、とりわけあなるちゃんが齎してくれた愛のお蔭で、(それまでは一生巡り会える筈がないと思っていた)ゼシカや主ゼシに匹敵する愛があることがわかって、女の子サイドの恋心に過去に無いほど触れて感動したことから、DQ8のトラウマに関してもポジティヴに捉えられるようになった気がする。
その当たり、今回のフォーチュンが、憎しみメインより愛の力で戦えると思えた所に共感するし、何より、自分にとってそうした愛を齎したあなるちゃんの中の人が正にフォーチュンですから、昨年11月から今年にかけての一連のできごと(詳細を知りたい方は、先日書いた「オフ会レポ」等の過去日記や呟きをご覧ください。。。)は、やはり運命による導きだったんだな、と今回改めて思えてくるw

そして、新たに変身したフォーチュン、強いよ、かっこいいよ、美しいよおおお~!!!*^^*

ファントムの剣の刃まで折ってるwww
ってか、今回のファントム、またコブラージャみたいに”ポワワワワワロさ~ん!”なヘイスティングスになりそうになった(何)

けど、そこにクイーン・ミラージュ・・・;

・ってか次回、ミラージュとファントムとブルーの三角関係みたいなことになりそうな;;;
その中でいおなとひめが段々とゆr・・基、仲良くなっていく感じ?!wもうお互いに対して完全にデレてますよねwwwww

2014.06.29 Sun l ハピネスチャージプリキュア!レビュー l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://idealistkris.blog.fc2.com/tb.php/212-8ab2dfbb
Use trackback on this entry.