■ハンガリー総選挙、与党圧勝の勢い 極右も得票伸ばす
http://www.asahi.com/articles/ASG472CDNG47UHBI002.html?ref=mixi

一昨日自分も大使館で投票してきたハンガリー総選挙の結果に関して。

他に任せられそうな人がいない故に一応支持しているオルバーン首相率いる「フィデス・ハンガリー市民連盟」が勝利したのは良いが、あれだけ問題を起こした自称”左派”の売国奴連中がそれでも26~7%を得られるのはキモいな^^;

オルバーン首相に対してはEU、アメリカ、そして、国々を借金地獄に追い込んで侵略する現実世界の”幻影帝国”ことIMFの影響で独裁者よばわりする「増”誤”美代」なニュース(何)が日本へ流れ込んできてしまうが、彼は実際、後からの加入国を踏み台にして残り少ない財産・資源をも奪おうとするEUや、上記のIMFらから国民を守ろうとしているだけ。

そして、”極右”等という根拠の無い呼ばれ方をする「ヨッビク」も同じ。

ぶっちゃけ、国際レベルの観点からの自分はどちらかといえば左派の方に近いが(←日本の右派に対しては常に防衛本能が働く)、ハンガリーにはまともな左派の政党が見当たらない故に右派を支持。

まともな国ならば、左派といえど国や国民の為に尽くす。
ハンガリー史で例えるなら初代国王聖イシュトヴァーンが今風に言えば”左派”で、それまでの自然崇拝を断ち切らせてキリスト教への改宗、ヨーロッパ風の王国を築くなど極めて大胆な改革を行ったが、同時にその生まれ変わったハンガリーは神聖ローマ帝国やビザンツ等の周囲の強国の何れにも属さない独立した国家として、周囲の伝統を取り入れながらも対等の地位として存在できたわけだ。

しかし現在のハンガリーで”左派”と名乗る連中は、一次大戦後に領土の7割を切り取られた後に残った少ない土地まで国外のマルチ大企業に売り渡してはその金で自分たちだけ楽して国民を窮地に追うという、文字通りの「売国奴」ばかり。

2010年まで与党だったハンガリー社会党を筆頭に、その連中が今、化けの皮が剥がれて段々と信用を失っていく中、「団結党」等という名前で複数の政党が一応集まり(←結局”団結党”という名前も、同じ名前で既存の政党があった故に使えなくなるという馬鹿踏んでるしw)、昨年辺りから、オルバーン首相を攻撃し、奴ら曰く”神として崇められている”のが気に食わないと叫んで、発泡スチロールで像を作っては破壊して、頭を蹴飛ばしていく気持ち悪いイベントをテレビにまで映していたが、奴らの主張を聞く限り、単にオルバーン首相を失脚させたい、ということしか伝わらず、オルバーンの政策のどこが気に入らないのかや、代わりに自分たちは何をしたいのか、ということに関しては何も言ってこない。”オルバーンは独裁者、あんなのがトップにいるから悲しい人が多い”とか連発するだけ。そして、”団結”とは言っても、結局は社会党の残りにせよ、離党して新しい団体を作ったゴキブリ元首相にせよ、過去幾つもの会社を倒産させては金を持ち逃げした挙げく、短い間だけだが”キチガイ首相”だったバイナイにせよ、自分がトップに立ちたいだけで、真に協力し合えない。

そんな連中が集まって、自称”左派”と名乗って出馬したが、3つ以上の政党による連携ならば、本来の5%以上ではなく15%以上を獲得しなければ議席は取れないし、事前の世論調査によってはそれが叶わないとも言われていたが、結局成功してしまった;与党に比べれば数は大したことないけどねw

しかし、あれだけ問題を起こしてもまだそれだけ奴らに入れる者、買収されたか、ただの馬鹿なのかわからぬが、いるものなんだね^^;

ぶっちゃけ、最近発覚した問題の中では、旧社会党の一員の一人は、嘗ては選挙の際、出馬を控える代わりに大金を受け取り、それがばれて投獄され、そして最近釈放され真相を語っているが、彼の証言で他にも多くが関わった様々な汚職事件が明かされていく。

重要証人の一人は既に謎の死を遂げているという、スパイ映画のベタな展開になったしまっているし(^^;、国の金を横領した一人なんか、ギニアビサウ(西アフリカ、ギニアとセネガルの間にある割と小さな国)の学生になり済まして100万ドルくらいの金を講座に預けているが、そもそもギニアビサウは99%が黒人の中、明らかに白人でハンガリー語ペラペラなのに銀行側が怪しまないとか、最早笑えるw(そっちも大いに買収されているだろうね;)

こんな連中が今後更に少なくなり、過去4年間、インフレのレベルを今回の日本の消費税上げと同レベルに抑えてくれて、国の借金も減らせてくれたオルバーン首相の政策が更なる成功を収めることを願いたい。。。
2014.04.09 Wed l 未分類 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://idealistkris.blog.fc2.com/tb.php/195-2172e43d
Use trackback on this entry.