・先日クリアしました、ローレシア王子「じんた」、ムーンブルク王女「なるこ」でプレイした、サマルをベラヌールに放置した2人旅プレイの纏め。

嫌、最初は「じんたん」と「あなる」でやろうと思いましたが、考えてみれば兵士とかからも「あなる姫」と呼ばれることになるので、2人とも本名で行くことに。鳴子が「あなる」と呼ばれるのは超平和バスターズ仲間からだけなんで、パーティー内以外からもそう呼ばれるのは何か違うな、とw

DQ2の彼らは3人で超平和ばs・・基、3人でぷりky・・(>こら!)、とにかく3人で一組の印象が強いから、サマル外しての2人クリアは初めてだけど、昔から一度はやりたかったんだよねw

そんなわけで、可能な限り早く、マンドリルの猛攻を掻い潜って(笑)ラーの鏡を入手、そしてなるこ王女を仲間にし、ルプガナで船を手に入れたら即ベラヌールへw
↑「船に乗れたら即C字型湖の所へ向かう」って、ゲルダファンである相棒がDQ8でやっているプレイの仕方で、船着き場からマイエラとか無視して女盗賊のアジトに行くらしいw(←自分の場合、8で船に乗れた時ゼシカが仲間になるのだから、他の事は全て忘れてしまうのだがw)

可哀想ながらもサマル君を放置して、2人の愛の冒険を始めることにw

CA3E0215.jpg


移動中にキツイのはルーラとトラマナが無い件。最終決戦では、スクルトが無いのが最大の問題点と思われた。種・木の実をフルに使い、成るべくステータスを高く。
相変わらず冒険の順序はめちゃくちゃでw(←そういう自由度が良いんだよね♪)、「じんた」はロト装備で直ぐに守備力を大幅アップできるけど、「なるこ」もある程度それに追いつくべく、水の羽衣を早めに入手しようと、弱い頃からラリホー駆使してテパへ。しかも、ドン・モハメに会った後一度セーブしに戻ったのにリセットを忘れて、合計3回、あの道を通ることになった^^;(←テパでセーブできないのはやはり痛いw)
で、大灯台より先に海底の洞窟に潜るとかw(←大灯台長いからかなり高いMPが必要なんだよね;)

「じんた」には早くから力の盾を持たせ、「なるこ」にもできるだけ早くいかずちの杖を装備させられるべくローレシア地下の悪魔神官には何度も挑戦した^^;イオナズン連発してこなければ勝てるんだが・・・w

・・・ルプガナ出る直後の頃は、ガーゴイルもトルネコシリーズ並に強い印象だがw

後、ぺルポイでのハプニングw
嫌、キャラ名が「じんた」と「なるこ」で冒険している時、ラゴスが「見つかっちゃった~」という台詞は勘弁して欲しい;めちゃめちゃ泣けたあの花ラストシーンなのに・・・^^;(謎)


そんな感じで、何度も行っていて慣れてしまったDQ史上最難関かと言われるロンダルキアへの洞窟も普通に突破、雪原で経験値稼ぎ。2は結局素早くてナンボだから、素早さを早く上げたかった。
「なるこ」はイオナズン連発・・・ここまで来たなら言っちゃっても良いと思う「氷川イオナズン」(謎)
↑後、同じく中の人ネタだけど、ハーゴンの神殿はやはりトラマナ無いから、「悪魔の尻尾」の入った宝箱にToLoveった(ほんと謎)>嫌、悪魔の尻尾は間違っても装備せず、寧ろ最速で魔除けの鈴装備させたけどw

それで、理論上、2人でシドー倒すのは相当無理があるように思えたけど、最高レベルで世界樹の葉をチートで大量に持って行けば、何とかなる、ルカナンされても一旦殺されて生き返らせれば守備力元通りだし、と色々考え、途中、3幹部は1匹ずつ倒して(>バズズは眠らせて無傷w)、「じんた」のレベルが38になった頃、実際のハーゴン&シドー戦を、負けるつもりで実験してみたら・・・

CA3E0216.jpg


・・・このようにクリアできちゃいましたw
この2人だと激しい炎もそこまで脅威じゃないし、ルカナンも後半で一度しか使って来なかったから、運も良い方だったけど、勝てたw

で、エンディングなんだが・・・

CA3E0223.jpg
サマル君を放置して世界を回っていたら、ローレシアでついて来るんですねw今回は悪いことをした、ごめんなさいw

そして、ムーンブルクでの王様の台詞に激萌え!wwwww↓
CA3E0221.jpg
ローレシア王も、王女に対して「父親代わり」等と言っているし、ロレムン要素何気に濃いけど、それを「じんた」と「なるこ」でやると益々興奮する*^^*

・・・だがしかし、ムーンブルク王、ずっと魂が彷徨って、最後に皆に姿を見せて成仏、って、キャラ名がこれだと、この王様がめんまじゃないか、という発想がどうしても・・w(>こら!)

・そんなわけでDQ2の2人クリア、思ったより楽に無事成功しました(^^)
因みに相棒は、GB版DQ3で、私の影響により、仲間3人の名前を「めんま」「あなる」「つるこ」にして冒険を進めているようですw
2014.03.20 Thu l プレイ日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://idealistkris.blog.fc2.com/tb.php/190-e7eb6942
Use trackback on this entry.