・以下、「名探偵モンク」最終シーズン、14話「お帰りモンク刑事」のレビュー。
以下、ネタバレにご注意を。























・警部が、「話し合って、今後はコンサルタントとして使わず~」みたいに始めるから、クビなったと思ったりw
遂に職場復帰が来たのか・・・しかし、色々と余計な問題がつく;
アシスタントする必要が無くなったナタリーに対しても「やっぱり離れられないよ~」とか、あのうたって♪にゃんにゃんハミィのCMみたいになるし(何)
で、職場を離れていた12年間、色々変わって、PCの使用に苦労とかw
ヘッドセットもわからなかったりw

ってか、この事件が、「つるはし連続殺人事件」・・・つまり、殺した相手は「物質系」じゃなかった。物質系だったら倍ダメージだけど一発で壊れるから(違)

その事件の犯人を見つけたという窓拭きだけど、声が江原正士さんという地点で犯人臭いと思ったら、やぱりwでもって、奴とグルだった警官がパパまめっちだが、犯人に打たれる・・・ともみをジ・アースへ送り返しやがった罰だなw(>こら!w)

ナタリーはコンサートプロモーターのアシスタントで、新服装がセクシーwww

というか、刑事に復帰したモンクに対して、新相棒は、「仕事の堪はすぐ戻る、セックスと一緒・・・」と言いそうになったが、相手がモンクさんだから「自転車と一緒」に言い直すとかw
↑ってか、転職してからまた前の職業に戻る時にカンを取り戻すには、結構かかるんだよ;それでアイラに剣の舞を覚えさせるのって何気に面倒だ;(何)(>ってか、”堪を取り戻すのがセックスと一緒”をアイラで例えたら、物凄い妄想しそうなのが結構いるからやめとこうw>謎)

で、モンクさんが担当する事件が、毎度同じ女の緊急警報・・・”居候が部屋を乗っ取ってやりたい放題”って騒いだら、その居候は猫だったとわかるし、逆に、”あちこち荒らしてミルクを強請る”という相手は、やはり猫かと思ったら大男とか・・・w

最後は、窓拭きのコンドラで犯人と決闘・・・すげえ絶叫場面、高所恐怖症のモンクさんはとても耐えられず、犯人捕まえたらまた私立探偵に戻る?!^^;
でもナタリーも戻ってきて、早速喧嘩、という、これまでどおりで落ち着くとか・・・;

正直、最終回間際でこうなるとは思わなかった。ぶっちゃけ、無事復職して、来週から2回に分けて放送されるトゥルーディの事件を解くのだとばかり思っていたけど・・・このままじゃ、最終回でどうなるのかも心配になってきたな^^;
2012.07.12 Thu l 日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://idealistkris.blog.fc2.com/tb.php/19-37225057
Use trackback on this entry.