・こないだ日曜日にAXNミステリーでやっていた新実写マープルシリーズの録画を少しずつ消化中w
「チムニーズ館の謎」も、楽譜の暗号でそれを実際にピアノで弾いたら不幸のメロディというくらい耳障りな曲だった件等、「奏=メイベル」なネタがあったけど(謎)、何よりネタの宝庫だったのが「青いゼラニウム」w
元々『火曜クラブ』の短編で、アニメ版も1話分だったのが長編映画化されている故にかなり追加ストリーがあって脚色されているが・・・

一応、ミステリーなのでネタバレされたくない方の為にスペース開きます↓




















・一部は原作のように過去「起こった事件」として紹介されるけど、マープルが直接その進行と関わるのはアニメ版と似ている。しかし、元警視総監のサー・ヘンリーもちゃんと登場w

それで、「迷信」がテーマのこの作品、被害者メアリ・プリチャードは冒頭で「地・火・風・水の精霊」に祈る、って、DQ7かいっ!wwwww
というかこのバージョンのメアリさんは原作やアニメよりも性格が更にキツイ;しかもモンクさん並みに神経質っぽいけど、占いの関係で外に出たくない、とか言う。舞台となる村の名前が「リトル・アンブローズ」になっているけど、アンブローズ・モンクの「広場恐怖症」とかけていないか?!w
更に、メアリさんは食べ過ぎで部屋の外へ出られないかも、とか、鯨のデールみたいなことを言われてるし;(何)

それで、村の牧師がマープルと古い知り合い、という設定だけど、話題に出てくるのが「七つの大罪」!wwwジコチューと戦うのは、マープルの甥の娘の2年後のプリキュアだよ!w(謎)
しかも、メアリ・プリチャードはその中で「暴食」の罪を犯している、って、アニメ版では中の人がキュアブルームの母だった人が、こっちではグーラ?!wwwww
いくらアニメのミス・レモンがマーモだからって、それは酷いよw(ほんと何)

というか、プリチャード夫人が外へ出たがらないのは、星占いでこの日は「月が火星と重なる」とかいう理由だけど、うさぎちゃんとレイちゃんがいちゃついたっていいじゃないかw(違)
↑ってか、原作やアニメでプリチャード氏に想いを寄せるの「ジーン・インストウ」のファーストネームがこっちでは「へーゼル」(ドイツ語で「ウサギ」の意味)になっているけど、繋がりはそこか?!w(>だから違!)
しかもへーゼルさんは絵描き。今度はイーグレットですか?!wそれとも、今日MC再放送で誕生したピースとかけて?!w
・・・そういえば、マープルの甥レイモンドの妻、つまりアニメ的にメイベルの母も画家だったなw

で、占い師のザリーダのお約束の占い。
青いヒヤシンス(原作・アニメではサクラソウ)は警告、青いタチアオイは危険の兆し、青いゼラニウムは死の象徴、そして青いバラはひみつのしr・・(>こら!w)
というか占い師が青を全否定するのって・・・DX3でキュアホワイトは確かブループリキュアチームだったよねw(>それも、メイベルことリズムと共にw)それなのにひめスペっちが青キュア否定してどうすンだよw(何)
ってか、ヒヤシンスはユリ科の花らしいが、ハートキャッチではゆりさんがゼラニウムの花言葉がどうたらとかw「真の友情」が正解らしいけど、それを聞き間違えて「死の象徴」とか言ったんじゃ・・・(ほんと何)

そして更に、今回の事件を担当するサマーセット警部だけど・・声が実写ポワロのジャップ警部でないか!!!wwwww
彼がポワロに登場しなくなってからは、新しく出てきた警部たちはストットルマイヤー警部の坂部さんが吹替えることが多いみたいだがw(>マギンティ夫人のスペンス警視とかw)逆に坂口さんはマープル編の警部に走ったか!www(え?)
2013.09.25 Wed l 日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://idealistkris.blog.fc2.com/tb.php/154-f5a7975a
Use trackback on this entry.