・今朝は大岡山の印刷所まで、発行した同人誌を受け取ってきた。
あそこは、母が教えている大学の論文等をメインに本を作るんだけど、自分の作成が予定より大分遅くなる中、あそこが早いし安い、と言われ、月曜にファイル持って行って、今日50部受け取った。

こちらが、マイミクのはづきさんに描いて頂いた表紙絵ですw
hyoushi1.jpg

しかし、70ページの小説、表紙だけカラーだが中身は文章のみ、という本の50部の代金が5万円強というのは他と比べて本当に安いものなのかね?;
嫌、元を取る気は全くないし、寧ろより多くの方々に買って頂ける為に、成るべく安くしようと思っている。(バンド活動の駆けだしの頃だって、ライブやるごとにメンバー一人に付き合計で2万円くらいの赤字という状態だから、駆けだしがどんなものかは心得ているよw)
しかし、それでも次の本を作る際はもっと安い場所がないのかゆっくり探そうと思う。。。
↑嫌、この印刷所でも文句なしに出来上がったし、スタッフも良い人で、他にも同人誌発行の依頼が来て欲しいといい、この本が売れたら紹介して、とまで頼まれたんだが・・・w

・・・まぁ、発行の時間に1週間以上の余裕があればこちらでももっと安くはなったけど、自分の執筆作業が遅かったわけで・・・;けど、今後のイベント参加の際は一応、既刊ができるわけで、今回ほど焦ることもないだろうけどねw
因みに同人誌としての次回作は不明;候補は幾つかあるけど、どれをサイト公開してどれを本にしようか迷っている。

・因みにこの大岡山の印刷所は、凡そ四半世紀前、初めて日本へ来た際に1ヶ月だけ住んでいた所の直ぐ近くにあって、駅前のマックも、全く同じ店かどうかまでは自信が無いけど、自分が初めて「マクドナルド」というものを知った所だったりw(←社会主義のハンガリーじゃ当然、アメリカ系の店は厳しく規制され、ブダペストで初めてマックが開いたのは、'88年の西駅前だったかと思いますw)
周辺は流石に変わった部分があるけど、住んでいた家は当時が新築で今もそのままwあの頃遊びに行った公園も1箇所だけは見つけられたw懐かしいな~♪

・そんなわけで、アンソロ参加ではなく個人で出す同人誌としては初めてになる今回の本、
「行方不明の大海賊船」、主ゼシ&アルマリの、7と8のコラボ(7世界に迷い込んだエイトとゼシカの物語)ですが、
この度は16日の浜松町のイベント、「もうひとつのせかい9」→http://takama.ne.jp/dq/ から販売開始で、今後、通販でも対応できるようサイトを立ち上げることを予定しています。
興味を持たれた方は、是非ともお買い求め下さい(^^)
2013.06.14 Fri l 日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://idealistkris.blog.fc2.com/tb.php/125-63c7057f
Use trackback on this entry.