・過去幾度か挙げたように、3月15日はハンガリーの革命記念日、300年間支配していたハプスブルク帝国からの独立戦争が始まった165周年だが、今年は地元の記念祭で弾き語り演奏することになっていた。

前日の夕方から、エンゴウじゃないけど松明の行進があって、そして当日はブダペストから次官もやってきて、地元の学校や、プロのダンスグループ等のパフォーマンスに加えて、自分がギターの弾き語りで4曲演奏。

そういう予定だった。

しかし、14日になって、行き成り「凍える吹雪」が始まった。
嫌、天気予報では数日前から、この頃になると気温が著しく下がって、雨、場合によっては雪を伴うことも在り得る、と確かに言われていたけど、これほどのレベルは予想外。

これが真冬ならば大したことないんだけど、3月半ばにこんな吹雪が起こるのは前代未聞。
大雪に暴風、除雪車が道を掃除しても風のせいでまた直ぐに雪だらけになり、国中が混乱、無数の道が封鎖され、場合によっては隣の市町村同士の間も通れなくなった。

ブダペストから次官も来られず、そもそもイベント主催者も隣町から来られず、ダンスグループや学校等の出演者も近づけない状態で、お手上げ。
結局15日の昼頃にやる予定だったイベントは、その間近に住んでいる観客3人だけが、様子を観に来ただけらしく、自分も朝から中止だと知らされた。
ぶっちゃけ、その3人が来た件を知っていれば、自分としては弾き語りだけでもやる気はあった。
一度約束したパフォーマンスだから、たとえ一人の為でもやるし、バンドをやっていた頃なんて、複数のバンドが出演する中、「客」として来たのが3人だけ、観客より出演者の方が圧倒的多数、という経験もある;
しかし、今回はイベントそのものが中止だからやむをえない;

それよりも心配になったのが、前日隣の国へ行った友人。14日に電話したら、オーストリアにいて、そこで仕事を依頼した相手が金を払わず逃げた故、帰る為のガソリン代も払えない、と言われた;
講座があれば振り込んで貸す、と言ったが、本人はどうしてもその相手を見つけたい、と言ったし、そもそも15日は祝日で振り込んだ所で相手に届くのが月曜以降になる;そこで更にこの天候が来たから迎えにも行けない^^;

それで、昨日は彼の家族と話して何とか助けられないかと試みたが、母親曰く、彼は既に国境を突破して、北の山脈を越えた村まで来ている、とのことだったので少し安心。
その後、また連絡が取れる手段を探していたら、ひょっこり帰って来た!wwwwww

なんか、話を聞くには、最初警察を出し抜いて封鎖された道を突破し、一定の所までは進めたが、その後、別の警官に止められ、そいつが、DQ3の地球のへそよろしく「引き返せ」を連発し、雪のせいで片側しか通れない道路で今引き返したら、後から来る車の行列を全てバックさせなければならないので無茶、と説明するにも、警官がそれを理解するまで時間がかかり、引き返さずにそのまま止まって様子を見て良い、という所までは何とか同意してくれたらしい;
様子を見るといっても、車の中はずっと暖房を入れていないと凍え死ぬわけで、そんな中で15日の夜明けから午後まで待ったら、救助隊がやってきて、彼らからの情報で帰り道を知り、午後6時半くらいに自宅へ無事到着したとのこと。。。

一昨年自分が自転車で京都まで行こうとした時よりも激しいサバイバル旅になってしまったようで・・・;
しかし無事に帰って来たことに取り敢えず自分も安心。。。

因みに今日はすっかり晴れて、気温は相変わらず寒いが、吹雪は無くなった。頼むからこの春はもうこんな異常な天気はやめてくれ・・・;
2013.03.16 Sat l 日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top
・3DS版DQ7、前回はクリア後に冒険したすれ違い石版について書いたが、今回はその続き及び本編裏ダンジョンに関して。
尚、今回もネタバレ要注意です。。。



























・先ずは、逃していたVジャンプ4月号と、28日に新しく配信される2つの石版を攻略。

Vジャンプのやつは、「幸運を求める冒険」。
敵は、スモークポット系が少し形を変えた、「人面瓢」www、そして、悪魔の壷系が樽っぽくなった、「死神の樽」wwwww>ぶっちゃけ、6のガンディーノで、皇太后の部屋の近くで如何にも怪しそうな樽、それもあのかなり強いツボックとの戦闘の後で、「タルックっていないよな?」とか思いながら確認した頃から、樽のモンスターが出てくるのは期待していたがwwwww街中の樽に化けていないのが残念!w
後は、邪心像、やはり焼け付く息をしてくる;
で、ボスは「アックスヘッド」。スカルブレード系の、剣じゃなく斧が突き刺さった骸骨。攻撃力はそこそこ。
入手アイテムはラッキーペンダント。時々攻撃をかわすものだが、既に4人とも星降る腕輪だし、運が良ければ~、な装飾品よりも、確実に素早さが倍増するそっちを優先w

で、28日配信の一つ目は、「氷の竜が住む洞窟」。
雑魚敵は、メトロゴーストにお化けねずみにキラーリカント、と、弱い。というか、オチェアーノの剣の追加電撃だけで倒れるキラーリカント、むなしすぎ;あんたリカント系の最強だろうが;これでリカントマムルとかいたら、シレンのマムル並みに弱いのか?;(謎)
ボスは怪盗黒バラ(何)、基、キースドラゴンwこっちは、ボス版で強化されているとはいえ、結構楽しませてくれる。凍える吹雪吐いてくるしwなるほど、「キース」に、「ブリザード」、ニチアサの「声優:?」繋がりですかw(謎)しかしキースがこれくらいなら、更に強いダースにも期待できるかな?w

28日の2つ目は、「優雅な?晩餐」。
エビルアップルやたまねぎマン、そして、「グレイビーポット」という、ランプ系とちょっとだけ姿が違う、グレイビーソース容器みたいなオリジナルモンスターw←ブドゥのランプ並みのステータスにマグマとか使うので結構強い。
ボスはボアソルジャー。なんか普通だなw


・でもって、満を持して神様の所へ行く。
ってか、Lvが何だかんだで55まで上がったら、裏ダンジョンの敵も避けて逃げるようになったんだけど;もう少ししっかりしてくれw
神様と1度目の戦い。
PS版の時は極稀に6回行動までしてきたらしいが(>自分が経験したのは5回行動まで)、今回は最大でも3回行動になって、通常攻撃1回のみ等のゆるいターンが結構ある。勇者だとアルテマが使えなくなったけど、逆に全員がベホマズン使えるので回復はかなり楽。
ただ、PSではマジックバリアでだいぶ回避できたジゴスパークが、攻略サイトによれば、モンスター職の耐性のみで確率を下げられるとか・・・後、一発ギャグやステテコダンス等のウザい特技も、今回もマジックバリアで回避できるかどうか不明だった。(>ってかそもそも、リメイク版でマジックバリアって意味あるのか?ヘルクラウダーの真空波も軽減できなかったし;)
強制睡眠に対して「みねうち」があるのが救い。後、キアリクもザメハの効果を果たすらしい。
この地点で主人公はギガスラッシュより剣の舞の方が強い気がwMPだいぶ温存できる。

結局神様が主に使ってくるのはいてつく冷気で、煉獄火炎やジゴスパークは稀。
1戦目が13ターン、2戦目が14ターン、3戦目は12ターンで石版3つゲット。
↑今回、褒美を選ぶときに一番下に妙にスペースが空いてるような気がしたが、結局そこにはカーソル合わせられない;いわゆる、牢屋の鍵や、それこそグランドラゴーンの洞窟みたいなのがあれば・・・w

しかし、更なる異世界へ行くための石版で苦労したのは、神様よりも、人間になりたいマーマンの方のやつだったりw
ぶっちゃけここでも石版貰えるのを完全に忘れていた。珊瑚の洞窟といえば、過去のデミーラを倒して過去の方で入るやつしか記憶にないし、そもそも海底王と話してから戻らなければレーダーが反応しないから、かなり焦った;

それで、更なる異世界へ行ったが、Lv55でここでも魔物が避けてくるのは流石にどうかと;3の隠しダンジョンは、神竜の地点で85にならないと確実に逃げることはできないのに;エビルエスタークとかドラゴン・ウーが逃げていくのは、情けない・・・w
4精霊も差ほど強くは無かった。これは元々だけどね。大地の精霊が脅威の地割れを頻繁に使ってくるけど、幸い一度も効かなかった。仲間にはザキ系にもだいぶ耐性がついたようだしw
水の精霊もやはり津波の変わりにハリケーン・・・ってかハリケーンしか使わなかったな。PSだとマヒャドくらいは唱えてきたような気が。風の精霊も、風を司る第一者の筈なのに、かまいたちが全然LV99に達してないような気がするんだが;
こっちでの神様はPSと同じで、移民の町へ。まさかお主も元モンスターとか!?wまぁ、似たようなポジションにマスタードラゴンとか神竜がいるから、元ドラゴンは考えられなくないけどwしかし、移民に来たなら石版をくれ!w>確かに神様がうじゃうじゃいる洞窟とか怖いけどw>いや、でも、実際戦ってみると「神様A」とか表記されるからね・・・w


・それで、更なる強敵が出るようにした、自作のダンジョン「神々しくあたらしい塔」へ挑戦。
すれ違い通信のお陰でレベルは34まで上がり、かなり楽しませてくれそうだと期待して中へ。
ってか、ギガントブラッド、既にHPが2000以上とか!w通常攻撃で300近く食らうしw
プラチナキングも、魔神斬りで400ダメージ与えても倒せない;
塔もレベルアップと共にフロアが増えてきたなw
最後のフロアは闇のドラゴンの塔もどきで、ここにいるボス版ギガントブラッドLv34は、やはりかなり強かった。スクルトを限界までかけても、打撃で399って、あんた攻撃力既に999あるだろ!w素早さも上がって、300前後のメンバーでも専攻される場合があり、ギガスラッシュへも少し耐性がついた!;
結局、1回行動で特技がそのままだから勝ったけど、相手のHPがどれくらいあるのかわからないまま、オール勇者レベル50台でも全滅を覚悟して戦ったなw
日本に戻ったらもっとレベルを上げよう。


・所で、日本では先日から、ストーリー系の石版が配信されているようだが、タイトルを聞く限りは、1つはフォズ絡み、1つは若い頃のメルビン、そして更に1つは、キーファに再会?!という凄いものらしいwああ、早く手に入れたい!w日本に戻るまで配信してくれるのを祈るw
↑というか、キーファに再会できるのが本当にあったら、不満を持ったファンの気持ちにスタッフが応えてくれるのに期待が持てるのかも!wそうなったら、8でも・・・(以下略)www
2013.03.09 Sat l プレイ日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top
・クリア後のプレイ、飛行機の中やハンガリーへ着てからプレイした分。
尚、ネタバレは気をつけて下さい。。。














































・神様行く前に、26日にセブンスポットと、ツタヤで配信された分の石版を攻略。
前者は、クリア褒美がひかりの盾、5主人公専用の最強の盾が7に?!8では、主ゼシペアルック装備だった太陽の冠だけどw、今回ひかりの盾はどうなるのか・・・w
それで、このダンジョン「便利なセブンスポット」へ入る。塔なんだが、最初に出たのが「ウォンテッドヘビー」という、ドラゴンヘビー系の上級種!ステータスが結構高いようで、灼熱吐いて、打撃も120程度、中々戦い甲斐があるなぁw・・・しかし、この種族の攻撃ってマジ力士っぽいw地響きとかの足の動きといい、痛恨は百列張り手、どこの本田さんだよ!www

そして、ギガントドラゴン系の上級種である「ギガントブラッド」!こいつマジ強え!w
最大HPは1000以上あるし(>900台後半で倒せる場合あり)、守備も結構高くて、一匹だけでも、4人分の剣の舞に耐えられる!!!;攻撃力も500弱?!一番守備力の高い主人公が打撃で180くらい食らったよ!wそして特技は、予想通り灼熱に、更に輝く息も吐いてきた!!!wwwつまり全体的にドラゴン・ウーより更に1段階上のギガント系!w
(息抜きとして地響きやベギラゴンもしてくるが、確かにこれがないと、強すぎるかもw)
いや~、昔からずっと、リメイクの場合にはこういった、3で言うと天の門番やダークロルのような更なる上級種の強敵を追加して欲しいと願った自分、大満足♪♪♪(←強いて言えば、複数でも出てきて欲しいw)
そして、もう一種の新モンスターは、「灼熱竜」♪ドラゴンコープス系の上級種だけど、体が真っ赤で腐った所が無い。しかし、ドラゴン斬りが有効じゃないから、やはりゾンビ系か?;特技は名前の通り灼熱、そして更に煉獄火炎も!!!www(息抜きとして激しい炎も吐く)こいつもHPが900以上あって、コープス系だけに守備力は余り高くないけど、攻撃力はかなりのもので、ギガスラッシュに強耐性があるから結構倒しにくい。そしてこいつだけは2匹で出現もあるw

それで、この超強敵のダンジョンのボスは誰かと思ったら、ドランゴ?!w嫌、バトルレックスだけど、エンカウントモンスターが強かった割には、ボスはそれほど・・・。攻撃力はあるが、ここではボス版とはいえ、元は6のままだと思われ、特技も激しい炎等。
「天空の魔物たち」ではボスだけが格段に強かったのに対して、こっちではボスより雑魚の方が強いパターンw

そして褒美の光の盾は・・・トルナードの盾より強いし!www確かに5でも守備力65あった気がするけどw
後になって、全員魔物ハンターでやってきて、勇者時と違って物凄い全滅の危機に曝されながらも、全員懐かせることに成功w バトルレックスのパークでの名前は無論ドランゴwしかし、それ以上にネタになったのは、灼熱竜の名前が「ルージュ」と!wwwww
若い王様が照美似、つまりドリーム、そして今回のルージュに、ライラはよし美先生似→ミント、でもって格好良さランキングのローズ・・・残ったのはレモネードとアクア!w・・まぁ、後者は「老けてる青」というと、ベレッタさんとか・・(>こら!w)


・でもって、ツタヤ、配信に対応している店の中で一番近い用賀駅前店へ。

無事ダウンロード。こっちは珊瑚の洞窟や海底都市等のマップが入った海底ダンジョンか。
配信者の名前が「エミリン」とわかった地点で勘付いたが、やはりエリミネーターかwしかし、こいつも5のステータスのままで弱い;まぁ、2回行動と守備無視の痛恨が残っているけどw
そして、タップペンギー系のピンク、「ナイトメーア」!wちょっと待て、今度はデスパライアさんですか!wwwっというかペンギンって、シロップが仲間になった頃の敵はもうエターナルの方だったけどw(何)
しかし、ナイトメーアはそれなりに強い。
もう一匹のオリジナルモンスターは、アイアンタートル系の「メタルバイター」。6のランドアーマー並みの守備があると期待したが、大して硬くないよ;

ボスは、グラコスエビル!wwwってことはグラコスブロスとかも出るのか!?(違)←しかし、このグラコスエビルは、雑魚の強化版ではなく元々ボスらしく、懐かないみたいだ。
使用技はベギラゴン等。このレベルでは大したことないが、レベルによっては結構楽しませてくれそうだwというか、今考えている小説に使えそうだな、グラコスエビル!w

このダンジョンのクリアでは、カルベロビュートを入手。6では、お洒落な鍛冶屋で鍛えれば、格好良さが全武器の中で最高になるのだが、こっちでは、攻撃力が115までアップされていても、既にグリンガム入手しているから、結局袋へ。


・で、前者の方のダンジョンで究極の強敵がいる隠しダンジョンを作成したく、ギガントブラッドと灼熱竜等のオリジナル石版作ってレベルを上げることにwしかし、強敵だけでは、配る相手に悪いから、3匹目のモンスターはプラチナキングにw

・・・時間の関係で今日はこの辺で。続きはまた後日。。。
2013.03.06 Wed l プレイ日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top
・1日は5時起きで最後に色々と整えて、6時45分の電車に乗る。
飛行機が成田から飛ぶのは12時15分だから、6時45分発の電車に乗れば大丈夫。
電車では、28日に配信されたDQ7の石板とかを攻略と同時にすれ違い通信、自分が強敵を求むべく作った最強モンスターのダンジョンをレベルアップさせるw
↑受け取った方には申し訳ないけど;、一応プラチナキングも出るようにしたから。。。

成田は、チェックインは直ぐに済んだが、荷物検査への行列は異常;ここまで大人数が並ばされたのは、2006年のロンドン、テロ事件の直後でセキュリティが神経質になっていた頃以来だけど、今回は特にいつにも増して厳しいわけではなく、単に人が多かった;大学生とかもう卒業旅行するんだろうね・・・。

飛行機の中では最初只管7やるw
全員魔物ハンターでモンスター懐かせたり、裏ダンジョンプレイしたり、と。
しかし、飛行時間が7時間以上過ぎたら流石に飽きて、オーストリア航空とルフトハンザの共同の機内では過去にも触れたシューティングゲームに励むw結局今回もラスボスでやられた;
それと、神経衰弱を少々。初期的で簡単すぎるものだが、シャッフルパネルが無い神経衰弱にどれほど癒されるか・・・!w
↑後、ソリテールをやったら、2度目に揃って、最初はスペードだけが集まろうとしなかった、って、それはつまりキュアソードが仲間になるのに時間がかかるのとかけているのか、と思ったりw(謎)

こっちの時間で午後4時頃にウィーン到着。今回はここで降りる。
嘗て日本の友達と一緒に来た際、予定のブダペスト行きの便が飛ばず、数時間後のものに延期されるとかで、そこで荷物降ろして貰ったが、その際、荷物が出てくるのに2時間以上待たされた;それ故、今回も異様に時間がかかるのを恐れたけど、意外と直ぐに外へ出られ、迎えに来るよう頼んだ友達を待つ。
彼は、過去何度か書いたように、俺がハンガリーへ帰る度に新しい彼女を作るけど、今回一緒にいたのは、過去2度も別れた元カノだったw 今は友人の関係、と本人は言うけど、それにしてはかなり親密に思えるw嫌、彼女はまた戻ってくる予感は自分もしていたけどね・・・w

帰りは友達の拘りでオーストリアでしか売っていない食品を探し漁って買う。ハンガリーの飯の方が美味いのに・・・;
で、車のラジオからは、「夢見るシャンソン人形」が突然流れたw↑のカードゲームの一件といい、相棒が一緒だったらハンガリーへ入国する以前に旅費の元が取れるくらいネタができただろうに・・・w(ほんと謎)

・で、ウィーンから国境越えてべスプレーム着くのに2時間もかからないという。200キロ以上はあるんだが・・・w
帰宅後は友人の家で、ウィーンで買った飯を試しに食べてから自宅へ。
しかし、PCを点けたとき、一瞬真っ白になった。
というのも、いない間修理に出していたけど、日本語機能が消えていた;漢字はちゃんと写るけど書けない;言語バーに追加しても、「JP」とでるだけで、半角カタカナしか出ないし、焦った;
幸い設定を色々調べたら見つかったけど、これがなかったら偉いことになってたよ;

そんなわけで休む。
かなり疲れていたけど、こっちへ帰ってくるときにはぐっすり寝ても朝割りと早く起きられる。
そして、朝飯の間、何か面白い番組無いかなあと思ってTVつけたら、ニルスやってた!w>幼少期の思い出のある作品なのと同時に、初めてハンガリーで放送されていた頃、日本製作のアニメだとは全く知らなかった。しかし、こういうのをまたやっているのは良いね~♪
2013.03.02 Sat l 日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top