・昨晩~今日は相棒が久々に遊びに来てくれて、ドキプリ情報で盛り上がった。

今日公式発表今日発売のテレビガイドで2ページ分の公式発表によれば・・・

・妖精4匹は兄弟姉妹(?)で、ラケルが長男、ランスは末っ子で同じく男子、シャルルは女子、ダビィは性別不明?!w

・サブキャラとして紹介されているのは、

#スーパーアイドルでファッションリーダーの「剣崎真琴」・・・物凄くキュアソードに見えるのだが、ここまであからさまだと、逆に、ナージャの怪盗黒バラみたいに「双子」の可能性も?!(笑)

#予告動画に出ていた金髪のイケメン、アンティークショップの「ジョー岡田」というらしい。
続けて読めば「ジョーカーだ!」・・・って、どこの増子さんだよ!wwwww
なんか謎の人物のようで、カオルちゃんや音吉さん、もしくはコッペ様みたいなポジション?!

・ジコチューの方は、予告にあった青髪の美少年は「イーラ」で、常に髪型を気にしているとか・・・って、待て!それは一昨年のこの地点で敵側のボスと思われたキャラの中の人がフルハウスで演じている役だろ!w(何)ってかそうなると、助けに来る謎のイケメンは↑の金髪じゃなくこちらの青髪か?!(>なんのこっちゃ!w)

2人目の幹部は「ベール」・・・しかし顔はベールではなくサングラスで隠しているという(え?w)
怪しそうだな・・・w

そして3人目は「マーモ」という名の「美魔女」で、自分が世界の中心だと信じる。
あ、わかる、デボラね(違)。ってか、金髪のイケメンがいて、青髪のイケメンがいて、黒髪のイケメンもいなければ、と思ったら、デボラのポジションは普通か(>もうええねん)
後、彼女は年齢不詳らしいが、追加戦士?!w

敵のボスの「キングジコチュー」という名前、なんかダサい(汗)ボスよりもパワーアップした怪物、ハイパーアカンベェやボスナッキーみたいな印象、果たして本当にそれがラスボスなのか・・・


・で、こっちはネタバレ要素濃いからちょっと切り離すけど・・・↓









・各エピソードだが、1話が、これまで紹介されているもので、2話は、プリキュアであることが早速バレる、とかwプリキュア蛙になるとか?!
嫌、どうも六花にバレるらしく、2人目誕生に繋がるけど、
その後は、「私はプリキュアに向いていませんわ」みたいなタイトルだった。ありすもかれんの如く、一度失敗するのだろうか?!;

今年の自分、3月いっぱいはハンガリーにいて、4話か、下手すりゃ5話分録画予約になってしまう。それもかなり早い時期に;
ともかく今回は失敗しないように設定しておこう。。。
2013.01.30 Wed l 未分類 l Comments (0) Trackbacks (0) l top
・BS11のフレッシュ再放送はまた見逃したけど、ミユキさんがイースだとわかる話だっけ?(違)
で、今度がピーチとイースの少年格闘漫画対決の末にパッションの誕生、とw(何)
↑ってか、ツ○ヤで借りたコロンボの話の中に、女性スタッフがクビになった際、上司が、今回のイースの件の如く「代わりはいくらでもいる」とか言っていたのに吹いたw



・そんなわけで以下、スマイルの最終回・・・↓


























・行き成りOP&タイトルコール。
↑ってか、始まる前の、すき家のCM,あの、ピーリカピリ辛(違)って言っている時のBGM、
スカパンクバンドのものだが、思いだせないながら聞いたことあった筈、それも、知り合いのバンドの曲のような気がする;最近活動を再開したケムリ辺りが怪しいんだが、彼らの曲を思い出す限りは、全く同じのものは無い。。。

で、OPにあったあの巨大な手が来た。
それに対して行き成り、ウルトラレインボーバースト。
なんか、展開が早いな;まぁ、スイートではラストバトルをラスト前の話で終わらせたけどw

しかし、ピエーロの反撃で変身を解かれて、スマイルパクトも石化?!;
今回は流石に、破壊するような真似まではいかなかったけど、ここからは基本的にDX3の展開そのままなので省略;
というか正直がっかり;
一つの理由としては、元々あの映画のラスト間際には結構トラウマがあった;DQ6のEDもそうなんだけど、こういった「別れ」の結末は悲し過ぎる;
最後の最後にある程度救われたけど、破壊された変身アイテムがどうなったかまでははっきりしなかった部分が物足りなかった、というのはあの時も今回も一緒;
正直、DX3に関しては、各シリーズからプリキュアの正体を知っている人々が集まって、変身アイテムを元に戻すのに協力し合う、というくらいのファンサービスが欲しかった。
忠太郎とコロネがお互いと話ながら取ってきた必要アイテムを、館の少年こと九条ひかる君及び、ダークさんを髣髴させる幼女(>クレジットでは「ゆりの妹」)に渡し、二人がそれを届けた先には、満&薫やトリニティ&カオルちゃん、薫子さんに月影博士等がいて、研究している所に、「お茶が入りましたよ」と、ブンビーさんも登場w(←5&5GoGoが、そういうポジションのサブキャラを探すのが一番難しい;)

と、まぁ、それくらいやって欲しかったDX3だが、それ以前に、今回の最終回がまんまあの映画をパクっただけの、正直、ドキプリを早くやりたい故の「やっつけ仕事」のように思える;

一旦跳ね返されたのが早かったのは、濃いストーリーの為に時間を作りたかったのかと思ったら、ただ泣くだけにかなりの時間を費やすという;
正直、ピエーロの怨念が、前にも何度か書いたように、人々を笑わせるピエロも悲しくなるときがある、ということを理解して貰えずにああなってしまって、それで最後打ち解ける、といったものを期待していた。。。

まぁ、最後はピエーロを包み込む、ミラクルレインボーバーストのハッピーの天使の笑顔は良かったけど*^^*

後、プリキュア本がハッピーエンドになったらしく、ウルルン、オニニン、マジョリンも幸せそうで・・・w >ってか、クレジットに3人いたけど、喋ってたっけ?w

それで、特別エンディングになって、5人それぞれのその後が出てきて、今度はDX3な展開に加えて更に、本当にキャンディに会えず、そして今後変身できないままで終わってしまうという益々トラウマな終わり方をするんじゃないかとハラハラしたが、流石にそれは無い;
キャンディは、「星に願いを」して、また来れるようになった、とw
↑まぁ、別れの悲しみがある方が良い、という人もいそうで、DQ4のシンシアじゃないけど、あのキャンディは幻、だとか言いそうな人もいるが^^;(←そんな自分、4EDのシンシアは幻説を支持するが、それは、勇者が8の如く強制CPになって欲しくない故。>それを理由に、8が出てからは、4は女勇者でしかプレイしていないし。。。>後、勇シン自体は嫌いじゃないので念の為;)

と、まぁ、キャンディが戻ってきたのは良いんだけど、変身アイテム復活もはっきりして欲しかった。スイートはラストシーンで変身していたし・・・。

そんなこんなで、作品全体が良かっただけに、この最後の話は不満だらけの自分;
最後のイラストは相変わらずかわいいけど*^^*
後、最後間際に黄瀬ちはるさんとか星空ファミリーとか佐々木先生等が登場したのは良かった♪


・で、ドキプリだが・・・

・・・ソードがアイドルで見た目以外でも完全におんぷちゃんポジション、また出た金髪のイケメン、これも、そっくりなのが過去いたような・・・。後、敵幹部の青髪のイケメン・・・イケメンが多くなるのは前から聞いていたけど、金髪と青髪・・・で、「ちょっと待ちやがれ!」と黒髪のイケメンも割り込むとか・・・どこの、DQ5女主人公編だよ!wwwww
後、敵幹部なのか怪物なのか、ガニラスみたいなのがいるw地獄のハサミだったら、スクルトが怖いぞ;全員の守備力を倍増させる超強力スクルトを唱える緑色のザラキ使わない方が地獄のハサミだから(>なんのこっちゃ!w)
で、宿屋経営していない方のリッカ(誰)は、変身前は眼鏡っ子か。ありすの方は、ぶっちゃけていうと番君のママの中学生版のような・・・w(何)
後、番組表を見ると、第1話は「世界一高い塔」から始まるらしいが・・・もうすぐ出るDQ7、そして、一昨日のクレしんも前半がスカイツリー話だったw(何)
ってか、現実の世界一高い塔はドバイにあるんだが、そこもプリキュアの犠牲に?!;(謎)
2013.01.27 Sun l テレビ番組レビュー l Comments (0) Trackbacks (0) l top
・先日借りた、Mr.ビーンことローワン・アトキンソン主演映画「ジョニー・イングリッシュ」の第2段のレビューw

相変わらず吹替えがアカオーニのアトキンソンだが、今回はヒロインがアナコンディというw
アカオーニ×アナコンディなフラグって・・・頭文字が揃ったプリキュア敵幹部同士なら誰でも良いのか?w
イルクーボ×イースとか、サウラー×サソリーナなんかもあるのか?!w←だって、サバーク博士がサソリーナとくっついたら、ダークさんもゆりさんもグレるでしょうしw>幸い、サバーク博士の奥さんの中の人は佐久間レイさんだから頭文字揃うw(何)

で、行き成り序盤でネタ。
エージェントIDの写真を取る際のジョニーに「スマイルはやめて」とwww
↑すまん、これまで永らく戦った相手からうつっちゃったオニ!(違)

で、組織の女ボスの通称は「ペガサス」って・・・w合体技食らうのか、アカオーニさん!www

ってか、なんでスパイ組織を東芝が買収したことになっているのかは謎だ;ってか勘弁して;

それで、何度もジョニーを狙う、謎の掃除ババア・・・色んな老婆に化けるけど、ジョニーは常にその化ける対象にされた本物を捕まえてしまって、上司の母にも暴行;
「この人殺しい鬼婆」とか言うが、「鬼」はあんただろwww(謎)
誕生パーティーかなんかの最中だったようだが、「ピエロ顔負けの大騒動」とか言われたwそっちのボスの名前も出すのかw←

しかし、殺し屋一味の黒幕として、ペガサスさんが怪しいとばかり睨んだ自分、見事犯人外したな;
敵側の目的は中国首相の暗殺だけど、方法はぶっちゃけ「裸のガンを持つ男」の第1段と一緒、ってか第1段でもあのシリーズの影響を受けているのは感じられた;
ってか殺し屋一味を雇った中国人(?)、あの面は少し、クズ橋下に見えてしまったよ;


袋の中で跳びは寝て進むシーンは、Mr.ビーンらしかったなwってかあれは彼にしかできないだろうw

で、真犯人を追いかけるシーン、原語版にはない「ファイトーッ、イッパーツ」とか、アカオーニさんのアドリブか?!w

そして最後、女王からナイトの称号を受けるジョニーだが・・・まだ逮捕されなかった掃除ババア、今度は女王に化けて出てきた;そして最後ジョニーは、本物の女王を捕えてしまう、というオチw
↑ってか、アカオーニが1930年代のアコちゃんであるエリザベス2世(>関連性は何度か書いたけど、「ポワロとマープル」でメイベルの中の人が奏だから、あの時代のアコが誰かと考えたら、「’30年代のイギリスにおいて、小学生くらいの年齢のお姫様」という所が被るし、増してや、その父親であるジョージ6世は、映画「英国王のスピーチ」では吹替えがメフィスト様だからw)に危害を加えてどうするんだよ・・・(謎)

そしてEDクレジット中に見せる料理の映像は、チャップリンの「独裁者」のこのシーンに影響されているね!www↓
http://www.youtube.com/watch?v=BaaDiCwfTxY
2013.01.24 Thu l 日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top
・またmixiからのコピペ忘れてた;
一昨日は誕生日だったが、同時に腹痛も酷く、おまけにトイレ壊れているので近くのセブンにお世話になる羽目に;(今朝直して貰った)
それ故BS11にフレッシュ再放送があるのもすっかり忘れ、「4人目のプリキュアはあんさんや!」見逃す。まぁ、タイトルからして4人目のプリキュアは「タルト以外」ということになるんだが・・・ってかもう何年も前から4人目の正体解ってるしw


・そんなわけで以下昨日のスマイル↓




























・前回のあらすじの後、キャンディ、目覚める?!
ロイヤルキャンディ?!>なんか、店で売っていそうな呼び名だなw(何)
しかし、かわいいw
人間姿でも「~クル」かよwww
ってかやっぱ、まんまハナちゃんだな・・・w

それで、ロイヤルクイーン、消えていく?!
キャンディ曰く、メルヘンランドの皆のお母さん、と。創造主?!ってか、女王が国民全員の母となると、ポップが王子でなくてもキャンディの兄、ということに辻褄が合うなぁwってか、その場合、ウルルン、オニニン、マジョリンもキャンディたちと兄弟姉妹?!(>おいw)

絶望の巨人がたくさん出てくる。ラスボス直属の雑魚モンスターって感じか。
ミルドラース直前でオリハルコンの牙を守るヘルバトラーとか、オルゴ・デミーラ最終形態がこぼす破片のモンスターとかw(何)
しかし、キャンディが彼らを止める。
ロイヤルクイーンの力は、敵の動きを止めることなのか?!ってつまり、ぱふぱf・・>こら!w

そこにピーエロ。やっとお出ましかよw
嫌、中盤の一言以来ずっと不在で、今回やっと玄田さんの実力発揮になったんだが・・・w
アカンベェを沢山償還。
ハッピー、スト4のさくらだけあって巨大波動拳、マーチ、真空竜巻旋風脚(違)
ってか、合体技?!ファイヤーシュートに、ブリザードサンダーw

しかし、いくらアカンベェを倒しても更に増殖・・・ヒドラ?!ってことはやまたのおろちとか(違)
寧ろマドハンド?!(何)

ピエーロの正体は怨念・・・んあかいつものパターンのような・・・。正直、悲しくても常に笑顔でいなければならないピエロの辛さをわかってくれない人ばかりでグレた、とかそういう事情かと思ったら・・・;

で、今度は黒蝶とか出てくる。
プリキュアの本にも黒絵具?!
5人が無気力状態に?!どこの狭間の世界?!(違)
防具職人を探せ!w(え?)犬のシルバーに古びたパイプ・・・シルバー王女がムーンブルク化したのか(>もうわけわからん!)>しかし、キャンディにとっては隣のクラスの担任がシルバー王女だから、無事道具を取って来て、嫌、ジュエル使って5人に話しかける。

暗闇のずんどこ、基、どん底に引きこまれる5人。マドハンドに掴まれるとか・・・エロいよ!(>こら!w)
でもキャンディがファイトォ、イッパーツ!で引き上げる(>おい!w)
皆ウルトラプリキュアに変身!で、ポップはラーミア?!w
ってかキャンディが妖精に戻った?!
ウルトラプリキュアのパワーが凄い。
なんか恐ろしい攻撃で手下たちを消して、ピエーロを突き飛ばす。

そこでピエーロ、最終形態に。
手下全員吸収して、超巨大化?!
ってか、2代目ブラックホール?!

・そして次回・・・って、写真だけかよ!;
しかし、テレ朝サイトによれば、やっぱブラックホール化したピエーロに一旦突き飛ばされて、変身できなくなるとか、DX3そのまんまな気が・・・;軽くトラウマになりかけたあのラスト寸前;まぁ、流石にスマイル5人が、最後に一度だけ、といってその後変身できなくなるような結末にはならないだろうけど・・・。

そしてドキドキは・・・相変わらず前の情報しかないのか。
2013.01.21 Mon l テレビ番組レビュー l Comments (0) Trackbacks (0) l top
今日は誕生日だったわけだが・・・

・・・午後、ちょっと町田駅周辺まで出かけた。
未だ残っている雪を溶かすべく、風呂場からお湯で流せるよう、ホースを探すのもあったけど、
メインは3DSのすれ違いw
こういう日に混んだ所へ行くと、すれ違った人と挨拶する最中またすれ違って、恐ろしく溜まるんだが、帰りの途中、大道芸人のパフォーマンスが気になった。

帽子で手以外に頭でも動かすジャグリングが面白く、更に、重ねた椅子に逆立ち等の、下がコンクリートなのを考えればかなり危険な技もこなす「ひぃろ」という方↓
http://www.k3.dion.ne.jp/~hiyro/
世界中で芸を披露しているらしく、既にイタリアとかオーストリア等ヨーロッパにも何度か行っているという。ハンガリーはまだらしいが・・・某数学者の大道芸人とは知り合いだろうかw

それで、最後は観客から、助手に大人の男性が欲しい、と言ってきて、一旦周囲を見渡したけど他に誰もやる気が無いから手を上げる。ってか自分から申し出た人は初めてらしい;観客がシャイなのはわかるけど、ここまでとは思わなかった^^;
まぁ、自分は元バンドのフロントマンとして人前に出るのに抵抗感が最早無いんだろうなw

そんなわけで前へ。
大人の男、ということだから、重ねた椅子を押さえる等をやるのかと思えば、そうではなく、BGMのミキサー操作と、首に掲げた小さなドラムを叩く、ってか叩く振りで口から音を出す(←ぶっちゃけその方が得意w)、という助手の仕事。「大人の男」って、何のため?!w

無事こなして、終了後は赤い絨毯を敷いてくれて、ラデツキー行進曲に合わせて退場w
それに合わせて兵隊の歩き方で戻った自分w

いやあ、面白かった♪
意外な場所で良い誕生日プレゼントを貰った☆

今後もちょくちょく町田で芸をやるらしいから、また観に行きたいなぁ♪
2013.01.19 Sat l 日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top
・以前何度か紹介したハンガリーのバンド「カルパティア」の曲に、歴代プリキュア複数と被る歌詞があったのでアップw

「必要ならば」という曲だけど・・・↓
http://www.youtube.com/watch?v=Q9R5gIwDmJQ

青い空の雲になる
夏の夜に雨を降らせる
目覚めは稲光、心の鼓動は雷鳴
(↑キュアピース及び、ブラックサンダー&ホワイトサンダー)

必要ならば、隠れた小川にになる
人ののどの渇きを癒す
そして、水で洗礼を受ける者の心を映し出す
(↑キュアアクア)

荒野に立つ樫の木になる
黄金の葉を輝かせる
そして、年輪を数える者は、時の経過を見ることができる
(↑心の大樹&S☆Sのあの木)

必要ならば、冷たい鋼になる
砥石の上で研がれる
いつか取り出された時、身体が血に染まる
(↑キュアソード)

山の奥の山彦になる
言葉は大地の溜息
運命は秘密を聞くこと、全ての告白への返答
(↑キュアエコー)

必要ならば、煉獄の炎になる
燃えさしの中で生まれる
いつか知られた日には、怒りの炎を上げる
(↑キュアルージュ&キュアサニー)

2013.01.17 Thu l 日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top
<詐欺容疑>女装して婚約 現金だまし取る 33歳の男逮捕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130116-00000000-mai-soci

嫌、当然犯罪だし良くないことだけど、笑ったのは否めないw
先ず浮かんだのはかの有名なこのシーンw↓
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=qWS2NVX6VP0
「お熱いのがお好き」のラストシーン、女装が行き過ぎてプロポーズされると色んな言い訳つけて必死に断ろうとするジャック・レモンw
「ほら、アタシこの髪も本当のブロンドじゃないし・・・」
「そんなのどうでもいい」
「でも、アタシ一日中煙草吸うのよ?!」
「気にしないさ」
「後アタシ、酷い過去があるのよ!この3年間バンドでサックス奏者と付き合ってたの」
「許すよ」
「それにアタシ、子供ができないし・・・」
「養子を取ればいい」
「わからん奴だな!俺男なんだっつーの!」
「完璧な人なんていないさ」

↑なんか、ルパンでもこのシーンパクったのを見た気がするけど・・・w

・・・後に、ダスティン・ホフマンやロビン・ウィリアムズ等も女装で大成功したのだが、
ハンガリー映画でも既に40年代初頭に、女装した男性が主役を務めた映画が人気を集め、
それが2000年代になって原題の設定にリメイクされた。

そのリメイク版の主題歌だけど、歌詞の中には今回の事件と繋がる部分も何気にあるw↓

<映画タイトルは「スカートとズボン一着」、主題歌は"Back 2 Black"(バックトゥーブラック)というグループ+映画のヒロイン役による「彼はプリティー・ウーマン」
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Hq1buQlI9k8

待って、この映画フィルムは決して新しくはない
でも役を演じたら、それが災いの元よ
このブラウスとピアスがいる、そして君とのダンスは特に良い
でも暴走した大騒動から怒れたロマンスが生まれた

気にしないで、スカートとズボン一着、よくお似合いよ

彼はプリティー・ウーマン、愛は遊びに過ぎない
心を弄ぶのもお手の物
それでも欲しい、代償が幾らであろうと
戦いに限度はない

彼はプリティー・ウーマン、愛は遊びに過ぎない
心を弄ぶのもお手の物
女装していったい何のつもり
戦いなら受けて立つ

待って、欲望が君を追うまで諦めはしない
全て怒れているかもしれないが、この気持ちに扇動させられる
心をズタズタにされ、嫉妬しているけど何故
それと同時に自信満々、それなら良い
男から見れば、難儀な女の運命は疲れるでしょう

気にしないで、スカートとズボン一着、よくお似合いよ

彼はプリティー・ウーマン、愛は遊びに過ぎない
心を弄ぶのもお手の物
それでも欲しい、代償が幾らであろうと
戦いに限度はない

彼はプリティー・ウーマン、愛は遊びに過ぎない
心を弄ぶのもお手の物
女装していったい何のつもり
戦いなら受けて立つ

全てが希望を失った演技だとは思わないで
モノにする、それだけで十分

彼はプリティー・ウーマン、愛は遊びに過ぎない
心を弄ぶのもお手の物
それでも欲しい、代償が幾らであろうと
戦いに限度はない

彼はプリティー・ウーマン、愛は遊びに過ぎない
心を弄ぶのもお手の物
女装していったい何のつもり
戦いなら受けて立つ


2013.01.16 Wed l 日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

昨日~今日の雪の件だけど・・・

・・・昨日は早朝に便所が流れっぱなしなのに気付く。
流す所が壊れていて、水を止めることも更に流すこともできない;
使用前なのが救いだが、針金等で一部を固定して水を止め、暫く封印。
しかも、修理屋は雪だから昨日&今日は出て来れないという;
だから今もコンビニに通っているが、何でよりによって雪の日にこうなった?!^^;

というか、かなり積もったようで、今日は雪かきを少々。
嫌、正直東京の雪は2~3日で殆ど自然に溶けるから退ける気失せるけどねw
ハンガリーでは一度降ると3ヶ月くらい残ってカチカチに凍る場合があるから、歩道は住民一人一人が雪かき担当の場所を決められ、それを果たさなければかなりの罰金を払わされるシステムがあるが、それは正しいと思う。そこで積もった雪がマイナス20度等で凍ったら、本当にただ事じゃない。実際につるはしなんかを使わなければ退けられない厄介なものなんだが、東京の雪は、太陽サンサン熱血パワー、嫌、太陽に任せればあっという間に無くなるから、雪かきは余りやる気がしない。

しかし、ここ数日はずっとPCで翻訳の仕事だけが続いたので、運動するのに丁度良いと思い、自宅の前や高齢のお隣さん等の分の雪を退けた。
こっちも結構凍りついたから金属のシャベルで割らなきゃならなかったが、なんか久々に他人の役に立つ力仕事ができてスッキリした気分♪
あるご近所さんはカースペースの屋根が雪で崩れたり、通りに入ってきた車が動けなくなったり色々と大変だった今回の雪;
しかし、お隣さん方と久しぶりに会話ができて良かった。
なんか、翻訳締め切りでよく夜明けまで電気がついている自宅だけど、それが無意識にも周囲の家から泥棒を遠ざけるのに役立っている、とか言われたw
2013.01.15 Tue l 日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

・昨日のBS11フレッシュ再放送はドルイドとヒートギズモとキャットバットのメダルをゲット(何)
↑嫌、失踪した相棒の復帰を願って少しでも役立てようと、彼のGB版DQ3でモンスターメダルコンプリートやってたもんで;(←もしかしたら、本人の冒険の書でアバカムによるアリアハン突破の為に経験値稼ぎの方が役立つかもしれぬが、そっちに手を出したら返って怒るだろうから・・・;)

フレッシュに戻して、昨日の話は、3人、ってかイース含めて4人が過労で倒れる寸前の話だけど、作画がめちゃ色っぽいな、と思った件w



・そんなわけで、以下今日のスマイル↓

























・バッドエンドプリキュア。
私たちにそっくり、と皆言うけど、過去自分も経験者であるビューティだけは、真相見抜いているようだw(え?)

で、5年前のピンクのダーク版の中の人が今年の青だから、今年のダーク版の中の人はというと・・・あ、でも予想通り今更新しい人を起用しないでそれぞれ5人と一緒かw

ってか、ダークハッピー、「他が皆FUKOでも私だけハッピーならいい」とか、それこそ来年度の敵となる「ジコチュー」やんけ!www
ダークサニーは、太陽だから全てを焼き尽くす、とか;
で、ピースはダークでもドジで泣き虫?!かと思ったら演技だった;
ダークマーチは、その考え方ヒトラーかよ、と思ったり;
で、ダークドリームのそのまたダーク版、基、ダークビューティは、美しいものにだけ価値がある、って、コブラージャかよ!!!wwwww

結局「鏡の国」みたいに5人それぞれが戦う。
その頃、シャドー、じゃなかった、ジョーカーはポップとミラクルジュエルを追う。ってかポップなんで忍術使わない?!w
なんか、ミラクルジュエルから願いは特にないけど、バッドエンドにとって邪魔だから消そう、とか;
ドリルの手で攻撃、と思ったら・・・ロイヤルクイーン!!!

というか、以前プリキュアたちがメルヘンランドで見たロイヤルクイーンのあの姿って、所謂「返事がない、ただの(以下略)」(>おいw)それで、最早魂だけ?!

しかし・・・キャンディはロイヤルクイーンの娘?!www
しかも、次期女王?!wwwww
ハナちゃん!!!wwwww
・・・ってか待て、どれみナイショでロイヤルクイーンはのんちゃんの母だった。で、今度はキャンディの母、というと、二人の間にもう一人娘がいる筈・・(何)
↑というか、先日ちょっとどれみドッカ~ンの話を幾つか観直したけど、ハナちゃんとパオちゃんが出逢うあの回で、ハナちゃんが「オーマイtacco」よろしくたこ焼き食べてるし、その直後に、「弟か妹ができるのか、羨ましいなぁ」とか言っていて、完全に「うちの3姉妹」の伏線話やねん!と思ったりw

・・・というか、そうなるとポップは王子なのか、それともキャンディは本当の妹じゃない、という、DQ6でターニア絡みのあの物凄く悲しいイベントみたいな展開?!;

ってか、ミラクルジュエルはいわば「女王の卵」・・・今度はDQ3竜の女王?!w>あの卵からは竜王が生まれる、って言われてるんだけど・・・w←

それで、同時に世界がサバーク化(違)、ピエーロの時計が何度も回ってる。
じょれでも女王曰く、「私信じてる」と(え?w)

スーパーハイテンションな5人。
ハッピーシャワーシャイニング、サニーファイヤーバーニング、ピースサンダーハリケーン、マーチシュートインパクト、ビューティブリザードアローでダーク版を消す。
改心させて欲しかったけど、時間の関係だろうね^^;

で、5人が出てくる。
そこで、ピエーロの卵は、例の黒絵具になって世界を覆い尽くす?!
ジョーカーもドロヌーバみたいになって吸い込まれる?!所謂無印のあの3人組みたいな感じか?!
それで、OPに出てきたあの巨大な手・・・あれこそピエーロかと思ったら、まだそうでなくて、絶望の巨人という、アカンベェの最終形態(?)か。
そしたら、キャンディが目覚める?!ってか、擬人化?!
最後の最後で追加戦士、キュアハナちゃん来たか?!wwwww(何)

・次回、終にピエーロが現れるみたいだけど、キュアハナちゃんの姿も!wさてどうなるか・・・来週まで待ちきれないwww

2013.01.13 Sun l テレビ番組レビュー l Comments (0) Trackbacks (0) l top
・遂に公式発表されたが、ネタバレされたくない方はご注意を↓

















・今回も知ってる人少ない。ってか主人公と第1妖精以外はほぼ完全無知;


#キュアハート/相田マナ:生天目仁美さん
>CMから声を当てた人もいた話はネットで聞いた。過去のプリキュアに間違い無く出ていた人だけど・・と思って調べたら、無印時代のラクロス部のキャプテンだった。あのバンダナの娘かw
確かに過去脇役の人が主役をやるのはプリキュアの王道かも。

#キュアダイヤモンド/菱川六花:寿美菜子さん
>全く知らない若手の人。ってか姓名の区切り間違えて「何て読むんだ?!」と焦ったw(>ぶっちゃけ、キャラ名の”六花”も最初読めず、後に、DQ9の宿屋の娘と同じと知った際には吹いたw/謎)
ウィキペで調べてみたら、殆ど”萌えアニメ”系の出演ばかりでちょっと心配になったけど、イナイレやポケモン等にも出ているようで一安心w

#キュアロゼッタ/四葉ありす:渕上舞さん
>こちらも知らなかったが、調べたら、HCPの、あの怪し過ぎる眼鏡生徒会にいたというw
同じく脇役からメインになった人かw

#キュアソード/(剣崎真琴?):宮本佳那子さん
>ってか某幼児向け雑誌ではとっくにキャラ本名曝されてるから、明かしても良いようなw
仲の人は、「キュアカルテット」の方みたいですね。工藤真由さんとかと同じ経緯か。ってか、5の時に本人役でゲスト出演があったようだが、そうなると、たむけんさんやオードリーやFUJIWARAのプリキュアもあるのか!?(>おい!w)>ってか後者はキュアゴリラやってたしw

#シャルル:西原久美子さん
>8人の中で最も知っている人かな。でも、クレープ王女やクレッシェンドトーン等、結局プリキュア出演からしかピンと来ない;まぁ、妖精役の王道ですかね、今年もそうだったしw
しかし、この方の結婚後の本名がケロロの中の人と被るのは初めて知ったw>ぶっちゃけ、数年間、第1妖精役はそちらの方を予想していた相棒、ある意味惜しい!w

#ラケル:寺崎裕香さん
>この人もクレジットで見たことある、それも最近、と思ったら、緑川ファミリーにいたw長男のけいたの人だw

#ランス:大橋彩香さん
>こちらも全く知らない若手・・・って、’94年生まれとか、本当に今時の声優の若さに驚く。劇中でもランスが最年少らしいのだが・・・w

#ダビィ:内山夕実さん
>こちらも知らない若手さん。出演作品もピンと来ない・・・。


・で、宣伝映像だけど、何か金髪のイケメンがかなりアップされていたような。王子君?にも見えたが、それ以前に、なんか服装含めて見たことあるようなキャラだったな・・・。

後、ママキュアや美人教師にはまりがちな自分、今年も期待したい。ソードは母親がいなさそうな気が・・・;マリー・アンジュ王女が母親でない限りは・・・しかし今年は「女王」じゃなく「王女」みたいだし、寧ろ追加戦士の匂いがする。

・何れにせよ楽しみだ♪
2013.01.08 Tue l 日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top
・・・色々悩んだし辛い思いもあるが、HCPで失踪したゆりパパの分も食事を用意する奥さんと似たような気持ちで、このレビューは通常通り続けなければならないかと・・・。


・ってか、ドキプリ情報が来て、宣伝映像でキュアハートも喋ったけど、声優とかまだ明かされないという;マナの声は聞いたことあるような気もするけど・・・w

・で、先ず昨日のBS11のフレッシュ再放送、イースがエロクーポン、基、パワーアップアイテムをゲットする話なんだが・・・何よりウケたのが、その直後AXNミステリーで始まった、「パディントン発4時50分」の新実写版で、犯人の日本語吹替えがメビウス様だった件w(何)
でもって、アニメ版ではキュアリズムが担当したポジション、こっちではキュアドリームの母の人が担当とかwww(ほんと何)←ってか、この実写版は彼女のモテ話で、犯人が誰かというよりも、数多い男性キャラの内誰が彼女とくっつくのか、というのが気になるんだよね・・・w(謎)


・そんなわけで、以下今日のスマイル↓
























・行き成り「ピエーロの卵」が来たよ・・・;ええわかってる。あの卵の殻でヤンガスの帽子を作るんでしょう?w(何)
で、キャンディ何やら宝石に変身しちゃうしw
ってか、キャンディこそがミラクルジュエルの正体だったというw
大事に守るアイテムが生き物なのは、ひかり=クイーンの命と、シフォン=インフィニティとかあったけどw
ってかどんな願いでも叶えるとか、どこのドリームコレットだよwww

それで、一旦呼び戻された3幹部だが、黒っ鼻で命を削られていたらしい。
確かに、黒っ鼻の場合。それこそ昨日のイースみたく戦闘中にダメージを与えたわけではないから、どこがデメリットかと思ったら・・・魔法使いトルネコの「消費HP」的なものかw
次で命が尽きる、と;
で、またしても「昔に戻りたいのか?」とかいう質問。なんかここまで来ると、50年代の社会主義政権で、苦しむ国民に「絶対王政が戻るよりはマシだろ」とか言い聞かせていた連中みたいな・・・(>おい!)

3幹部出動。同時に黒い絵の具を使う。
それで、5人の家族からもバッドエナジー?!;

早速変身する5人。
久々のジャンケンはチョキ。これは読めた。

ウルフルンvsハッピー、アカオーニvsサニー&ピース、マジョリーナvsマーチ&ビューティ。

狼さん、色々と迫力アップ。鬼さんは、スト4豪鬼の最終形態(?)の「狂おしき鬼」みたいになるし・・・そりゃ、たしかあれではさくらの中の人がハッピーなんだけど・・・w
魔女さんはやはり若返り、だけど今度は前みたいなお色気むんむんではない気が・・・;分身術。
マーチ、竜巻旋風脚?!w
マジョリーナ、毒りんごソード?!www
狼さん、何かすごいもの吐きだしたぞ;
魔女さんはキャンディの幻影で二人に自分の技を喰らわせるとか。

プリンセスフォームになると、敵側もなんかデカイ怪物に。今回の映画の魔王みたいな・・・。

というか、3幹部の事情はやっぱそういうものだったのか;想像ついていたけどね。
しかし、ピエーロってやはりガセで真の黒幕はジョーカーなのか?

でもやはりみゆきは良い子。そんな「嫌われ者の悪役」たちの気持ちも受け止めて、女神化w
ぶっちゃけ、仲間モンスター?!wwwww
ってか、3人とも元々妖精だった?!wwwww
なんか、子供の頃苛められていたのを助けたらこんなに育っちゃってどこかの村の畑を荒らすとか・・・>どこのキラパンだよ!w

しかも、ポップは妖精のい3人を知っていると言うw
ウルルン、オニニン、マジョリン・・・って、最後待て!「例の物」出せ!wwwww(何)←ってかこないだの「スマイルちゃん」そういうわけだったのか?!w

まぁ、鬼さんは元々「~オニ」で喋っていた辺り、直ぐに気付いても良いものの、そうして目の前に大きなヒントがあるのにわからないとか、どこのアガサ・クリスティーだよw
↑まぁ、ぶっちゃけ、アフロディテとメフィストも第1話で夫婦喧嘩っぽいと思ったのに、本当に夫婦だったのは暫く予想外だったし・・・w

で、最後のデコルだが。
やはりジョーカーが掻っ攫う。
時計の針が終りまで来た。しかし、ピエーロ復活シーンは無し。本当に、何のために玄田哲章さんまで起用したのか・・・;

ってか、次回がジョーカー戦かと思ったら、5人のダーク版?!
今年も?!しかも、某「鏡の国」の時とそっくりだしw
・・・ええっと、5年前のピンクのダーク版の中の人が今年の青、ということは、今年の青のダーク版の中の人は誰だろうw(え?)
ってかダークハッピーとダークドリームの区別がつく人いる?!w
次回はそんなダーク5人と戦うが・・・

・・・ドキプリCM始まったのに声優公開されないとか反則;キュアソードの本名も公式では未だに謎のままだし;

後、NS2の宣伝も来たが、前回と違って555以前も出番あるのか?!
混雑しそうだけど・・・wでもやっぱりNS1では余りにも寂しかったな;
2013.01.06 Sun l テレビ番組レビュー l Comments (0) Trackbacks (0) l top