3DS版DQ8、発売から3ヶ月、そして初めて出たPS2版の11周年という今日ですが、プレイそのものに没頭していたことと、ネタバレ防止のことがあって、これまではちょくちょく呟いただけになりましたが、今やネットに情報も画像も一般で出回っているので、数回に分けた纏めレビューを、過去呟いた画像を中心に挙げようと思う。

※尚、今もネタバレ見たくないという方はご注意下さい。。。












・この際、PS2版の結末がどれだけトラウマだったかは再度語らないけど、8月29日の秩父のここさけ試写会へ行った後、30日の夜に家へ帰ってきたら、ゼシカ嫁EDがマジで追加されていることを知り、閉店間際のツタヤへ猛ダッシュして購入♪
いにしえのロトの剣、金のたけやり、ゴールドの靴等特典がいっぱいの状態で冒険を開始♪

主人公の名前は普通に「エイト」で。本来、こうしたデフォルト名はつけないけど、自分が過去10年間書いてきた二次創作の主ゼシSSでずっとこの名前を使ってきたから、定着したw

・それで、作品全体を数回に纏めるので、かなり詰め込むが…

…ゼシカとの出逢い♪
CA3E0570.jpg
CA3E0576.jpg
↑ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか…そんなわけないだろう?!w俺は、そこで愛する人と出会ったんだから!w>ツインテ巨乳繋がりw(何)

サーベルト義兄さんやはりカッコよすぎ♪心温まる様な美形の顔立ち、やはり、ゼシカと兄妹だね~♪
CA3E0574.jpg
…というか義兄さんは、主ゼシCP視点からしても元々、最高にかっこいい憧れの存在だったけど、声がじんたんになって益々想い入れが強くなったなあ♪やっぱ、かっけえンッスよ!w←

CA3E0582.jpg
PS2版初回プレイの時ここで既に完全にゼシカに惚れて、自分の中で主ゼシが確定したww
ってか、主人公の名前を声に出せない関係で「アニキにヤンガスね」って言ってる所が益々ゼシカらしくてすてき♪竹達さんの声は未だに「合わない」と思う部分結構あるけど、それでもゼシカはゼシカらしくて最高にかわいい♪

・オセアーノン倒したら即パルミドへ向かうという、相棒の定番のやり方を。ゲルダファンの彼の場合、少しでも彼女に近づくためだが、私はゼシカに踊り子の服を早く着せるため~♪

で、その道の途中のすてきな主ゼシフラグが来ましたww
CA3E0588.jpg
CA3E0589.jpg
リブルアーチに先駆けして「優しいね」がwというか、こうして「守って守られる」という背中合わせの関係が、主ゼシの最大の魅力かもしれないなあwってかゼシカは目を開けても閉じてもかわいすぎww

CA3E0590.jpg
「川沿いの教会」の傍の家(キラの実家)で強烈なヤン主フラグww(おい

後ろの糸車で眠れる森の美女ごっこw
SllepinBeautyJessica.jpg
SyuJessi3.jpg
↑いや、後者の写真を先に、すれちがい用に作ったんだけど、後でフォートさんからあの糸車の写真が欲しいと言われて繋げられることに気付いたw

↑因みにフォートさんに関しては、当たり前のように「カメラ」だの「写真」だの言われるのは余りに時代錯誤だから微妙だけど、彼は、世界に一つしかない、魔力を借りて動くものを発明した、と捉えている。そもそもリーザス地方では、本作には登場しないモシャスの呪文が少し噂されているけど、所謂、5のルラフェンのイベントみたいな「古代呪文」であり、フォートはそれを復活させることはできなかったけど、「モシャスの水晶」というアイテムをはめ込んで見た目だけはそっくりの絵を作り出せるもの、として発明したのがカメラだと思っているw

・話が色々飛ぶけど、船着場から先ずパルミドへ行って踊り子の服をゲット。
この1枚は後にゲルダのアジトへ行った際のものw
JessicaWithDress.jpg

ってかパルミドの酒場の壁では、ダンスショー紹介(?)で「パッション」とか書かれてるけどww
PassionGerda.jpg
↑そして、隣にはゲルダの指名手配ポスター的なものがww
ってかゲルダがパッション…確かに服は赤いけど、中の人的にはハートだよww(え

・剣士像の洞窟はトラップボックス以外隅々まで冒険してから、マイエラ戻ってククール加入関連のイベント。正直、これを遅らせたのは、ドニの町のイベントが余りに地雷だから、というのもある;
ククゼシファンには申し訳ないけど、あそこでゼシカをナンパするククールに関しては、心底「爆発しろ」って思うし、ああいう男って、愛する人を一番取られたくないタイプ;
もし彼が、アリーナを想うクリフトみたいに、誠実で中々言い出せず悩むタイプだったら、多少未練ありながらも主姫一択の結末に納得してゼシカを渡しても良かったと思えたかも。。。
↑逆に、PS2版の初回プレイの頃から感じたが、ククールのあの時の行為、そういったゼシカに対する口説きのお蔭で、自分の中の「主ゼシ」が益々膨らむことになりましたwライバルがいることで更に燃えていく恋、そういう意味でククールは本当に良い「背中押し」な役割を果たしていると思うw
そして、「君だけを守る騎士になる」発言だけど、そういう騎士を必要としているのはゼシカよりもミーティアの方だから、クク姫の妄想が膨らんでくるというものww

・で、その後アスカンタのイベントをこなす。
流石に町中が喪中の間、ここでは踊り子の服を外して、「ゼシカの普段着」で歩く。そして、少し前にゲットした制服姿の鳴子ストラップと見比べw
JessicaNaruko1.jpg
↑さて、どっちがどっちでしょうw>わかるわいっ!ww
↑ってか、愛する人を亡くして引篭もってるパヴァン王に、「あんたみっともないよ!」とか言いたいw(おい・・・でもキラちゃんはそういう子じゃないからねwいや、キラちゃんマジええコやな、ってのは無論感じるよww
彼女もそうだけど、写真撮っていない関係等で省いた、トラペッタのユリマちゃんもかわいいよwってか初回プレイでゼシカと出逢う前に始めてときめいたのは彼女だったりw

で、ヘチマ売りさんに会って、解決した後の食事会ww
SyuJessiEat.jpg
ってかヤンガス、もうちょっと空気読め!ww

モンバトのイベントは船を入手しないと始まらないが、メモは受け取ったw
CA3E0593.jpg
このときのゼシカの表情がまたかわいいww

・そして、パルミドのイベント、ゲルダのアジトへ。生天目さんやっぱ上手いわ。キュアハートのときと全然違う雰囲気、ってかこっちの方が地声に近いでしょうけど、プリキュアで聴いていると、その使い分けが素晴らしいwってか、少年ヤンガスの続編かリメイクを出して欲しいw八奈見さんのナレーションではない、マナの時みたいな感じで話す幼少ゲルダを見たら胸のキュンキュン止まらないだろうなw
(↑ゲルダの画像は、仲間入りしてから色々あるのでそちらの方で。。。)

・荒野の山小屋。井戸の中のキングスライムを助けるwってか、この時等に流れるBGM、それこそ少年ヤンガスではメインテーマに使われてるやつなんだよね♪

・トロデーン城。回想シーンで初めてミーティア園かをり(誰)の声を聴くが、これも良い感じ。←というか、種田さんがミーティア以外でやったキャラといえば宮園かをりくらいしかしらないので、中の人ネタはそっちに偏りそうですw

そして何より、これは期待していたけど、ドルマゲス、やはり「テラ子安」ですねww全体の中で一番上手いのは彼だと想うwあの狂気に満ちた笑いなんかマジヤバイw

・モグラ。ってかパヴァン王、ほんと王妃の死に囚われすぎてたな;城の地下があんな風になっていることに気付けww
ドン・モグーラは、歌声的に、ゲルダが仲間になる前で正解だなwキュアハートとのジャイアン対決を連想してしまうからw(何)

で、船入手、メダル王女の城へ行き、バニー恰好に後一つ足りなかった網タイツをゲット♪
↑バニースーツはバトルロードで入手済みだけど、これの為に船イベントを急いだww
JessicaBunny.jpg
下半身色々微妙に感じる部分はあるが、ヘソ出しになった所は高く評価したい♪ってか、ゼシカは何を着ても美しいから大丈夫ww

…そんなわけで、今回はここまで^^
↑バニーゼシカまでは挙げたかったww





2015.11.28 Sat l プレイ日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top
DQシリーズを知ったのがトルネコ1からという自分だが、PS版のトルネコの大冒険2は、初めて「発売日に買った」DQ系のソフト(予約はしていない)。
しかしながら、全ての要素を完全制覇する見込みは、最早何度目の再スタートかわからない今回が初めてだw
不思議のダンジョンはシステム的に、トルネコ2までが好きで、シレン2以降についた、紛らわしくなった部分は結局馴染めなかった;
逆にイネスや幼少ゲルダのような萌えキャラが増えたのはその後、というのもわかるけどw
結局トルネコ3も少年ヤンガスも、進んだのは表ED辺りまでで、裏から真の冒険が始まるこの不思議のダンジョンシリーズをやり込んだのは初期の頃のみ。
(↑シレンGB2/DS2は、お竜そっちのけてアテカ姫と強制CPというDQ8の二の舞が怖かったし(←実際はリメイク追加要素でも少しフラグが立つだけで大したことないらしいけがw)、最初のシレンGBは、ゲイズにより大事な装備を失った怒りでソフトと本体を叩き割ったという黒歴史があるw)

それで、このトルネコ2だけど、過去は表クリアとその後不思議100F到達、試練の館のクリアという、最強装備をゲットして最強の敵らを倒すことで満足感を得て、戦士や魔法使いはあまりやる気にならず(魔のダンジョンはメガンテでクリアしたがw)、また、「もっと不思議~」も、単に「不思議~」にハンデがついただけのものだから、放置していた;←「もっと不思議~」系ではSFCシレンのフェイの最終問題が断然最高の出来だと思っているけど、それは、表のダンジョン(テーブルマウンテン)と比べると、かなり自由度が上がって、厄介になっただけというのではなく、プラスのアイテムでも強いのが多いから、なんというか、豪快プレイができて、トルネコ1や2と違って、虚しくないんだw

そんなわけで、トルネコ2を所持して15年半、こっちのもっと不思議~と、剣のダンジョンを初めてやり込むことにした。結局、前者は、相棒と交代でプレイしていき(もう一方はネットのアイテム値段表を常に調べている感じでw)、アドバンスで数え切れぬくらいプレイしなれた彼が、黄金&その他レアアイテム全てゲットできる冒険をモノにしたんだが、それで過去は未到の「ダンジョンゴッド」の称号を得ることにも希望が見えて、完全クリアを目指した。


剣のダンジョンと魔のダンジョンは正直、昔から微妙だと思っていた。
魔の方は、攻撃呪文が効かない敵と、罠や魔法攻撃で呪文を忘れる設定があるせいで真面目にやる気が失せて、結局今回も「バシルーラ+メガンテ」によるクリア。過去と比べて、リセットと金をそこまで費やす必要もなく35Fには辿り着いて魔法の件をゲットしたものの、そこでリレミトを使う羽目に。実際、これでクリアの称号は付くんだけど、「奥深く」に辿り着くべきだろうと思い、その後35階に送って貰ったものの、何度やり直してもメガンテに失敗し、最後は傍に階段があったからLv1の何も持たない状態で「目的を果たして地上に戻へた」結果w

クリア後は暫く魔法使いのままで、冒険回数を増やすことも重ねて、折角だから全呪文修得をすることにしたが、「ザキ」だけはいつまで経っても覚えようとしなかった;ああ、嘗て旅をしていた頃、クリフトの無謀を見て拒絶反応が出たのねw(え?)
(↑余談だが、ザキの杖もインパス無しで判別できた際は「くりふと」と名付ける。トルネコにとって、「即死の呪文」の名前が直ぐ出なくても、クリフトが使いまくってたアレ、として思い出す筈だからww(何)ぶっちゃけ、試練の館の店にもザキの杖があったけど、あのダンジョンはガーゴイルも神父の姿だから、「あんたクリフトだろ!!!」とウケてしまったw)

逆にメガザルはやたら早く覚えることが多いので、ネネさんから、「あなた、旅の頃ミネアさんと何があったの?!」と怖い声で質問されてもおかしくないww(え?)


で、その後、剣のダンジョン。こっちは更に紛らわしく、技のセットとかついていけないし、まして↑と似たように罠や痛恨で装備品が壊れるので、「やってられるか!」な感じだったけど、メイン装備にさえ技をセットしなければ大丈夫、というのに今になって気付いたw
だから、ワープ罠で「脱出」を覚えたら、適当な武器に付けて、それをリレミトの巻物の代わりに持ち歩いていれば、他のダンジョンで全てを合成した最強装備で技を覚えていくと楽。←アドバンス版は未プレイだけど、相棒曰く、そっちでは各技を覚える為の武器を基にしなければならないらしい;
それで「消え去り」「パン落とし」「ハラヘラズ」「身代り」「鉄化」等の役立つ特技を覚えて満を持して挑む。
しかし、それで相棒がアドバイスしていた「身代り+鉄化でそのフロア内ではずっと安全」みたいな美味過ぎる設定はない;普通に元に戻るんですけど;
結局、基本「ハラヘラズの盾」で行動して上の階でレベルをとことん上げ、その後はやはり「消え去り」を併用しながら、パンを十分に蓄えておくのが楽なクリアの仕方だ;
特に奥の階では敵が恐ろしく強いので、26F以降は、基本的に「めんま状態」(>こら!w)で行動した方が良いw

しかし、戦士が聖域以外の巻物が使えないのはわかるとして、白紙に書き込むのも無理っていうのはちょっと・・・ライアン殿は字が書けていたのだろうか、と疑うトルネコだったw(え?)

それで、現在は「ダンジョンエンペラー」で、称号はあと1つ。その条件は冒険回数が1000回に達することだが、魔法使いに戻って、試練の館でメガンテしまくり、今のところ300ちょっとだ;「生きて戻った」回数もある程度は増やしたいから、リレミト覚えたときは即使う形で、時間の面でも効率よく生きて帰れる場合も少なくないw
とにかく1000回を目指しています・・・w
2015.02.07 Sat l プレイ日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top
・先日クリアしました、ローレシア王子「じんた」、ムーンブルク王女「なるこ」でプレイした、サマルをベラヌールに放置した2人旅プレイの纏め。

嫌、最初は「じんたん」と「あなる」でやろうと思いましたが、考えてみれば兵士とかからも「あなる姫」と呼ばれることになるので、2人とも本名で行くことに。鳴子が「あなる」と呼ばれるのは超平和バスターズ仲間からだけなんで、パーティー内以外からもそう呼ばれるのは何か違うな、とw

DQ2の彼らは3人で超平和ばs・・基、3人でぷりky・・(>こら!)、とにかく3人で一組の印象が強いから、サマル外しての2人クリアは初めてだけど、昔から一度はやりたかったんだよねw

そんなわけで、可能な限り早く、マンドリルの猛攻を掻い潜って(笑)ラーの鏡を入手、そしてなるこ王女を仲間にし、ルプガナで船を手に入れたら即ベラヌールへw
↑「船に乗れたら即C字型湖の所へ向かう」って、ゲルダファンである相棒がDQ8でやっているプレイの仕方で、船着き場からマイエラとか無視して女盗賊のアジトに行くらしいw(←自分の場合、8で船に乗れた時ゼシカが仲間になるのだから、他の事は全て忘れてしまうのだがw)

可哀想ながらもサマル君を放置して、2人の愛の冒険を始めることにw

CA3E0215.jpg


移動中にキツイのはルーラとトラマナが無い件。最終決戦では、スクルトが無いのが最大の問題点と思われた。種・木の実をフルに使い、成るべくステータスを高く。
相変わらず冒険の順序はめちゃくちゃでw(←そういう自由度が良いんだよね♪)、「じんた」はロト装備で直ぐに守備力を大幅アップできるけど、「なるこ」もある程度それに追いつくべく、水の羽衣を早めに入手しようと、弱い頃からラリホー駆使してテパへ。しかも、ドン・モハメに会った後一度セーブしに戻ったのにリセットを忘れて、合計3回、あの道を通ることになった^^;(←テパでセーブできないのはやはり痛いw)
で、大灯台より先に海底の洞窟に潜るとかw(←大灯台長いからかなり高いMPが必要なんだよね;)

「じんた」には早くから力の盾を持たせ、「なるこ」にもできるだけ早くいかずちの杖を装備させられるべくローレシア地下の悪魔神官には何度も挑戦した^^;イオナズン連発してこなければ勝てるんだが・・・w

・・・ルプガナ出る直後の頃は、ガーゴイルもトルネコシリーズ並に強い印象だがw

後、ぺルポイでのハプニングw
嫌、キャラ名が「じんた」と「なるこ」で冒険している時、ラゴスが「見つかっちゃった~」という台詞は勘弁して欲しい;めちゃめちゃ泣けたあの花ラストシーンなのに・・・^^;(謎)


そんな感じで、何度も行っていて慣れてしまったDQ史上最難関かと言われるロンダルキアへの洞窟も普通に突破、雪原で経験値稼ぎ。2は結局素早くてナンボだから、素早さを早く上げたかった。
「なるこ」はイオナズン連発・・・ここまで来たなら言っちゃっても良いと思う「氷川イオナズン」(謎)
↑後、同じく中の人ネタだけど、ハーゴンの神殿はやはりトラマナ無いから、「悪魔の尻尾」の入った宝箱にToLoveった(ほんと謎)>嫌、悪魔の尻尾は間違っても装備せず、寧ろ最速で魔除けの鈴装備させたけどw

それで、理論上、2人でシドー倒すのは相当無理があるように思えたけど、最高レベルで世界樹の葉をチートで大量に持って行けば、何とかなる、ルカナンされても一旦殺されて生き返らせれば守備力元通りだし、と色々考え、途中、3幹部は1匹ずつ倒して(>バズズは眠らせて無傷w)、「じんた」のレベルが38になった頃、実際のハーゴン&シドー戦を、負けるつもりで実験してみたら・・・

CA3E0216.jpg


・・・このようにクリアできちゃいましたw
この2人だと激しい炎もそこまで脅威じゃないし、ルカナンも後半で一度しか使って来なかったから、運も良い方だったけど、勝てたw

で、エンディングなんだが・・・

CA3E0223.jpg
サマル君を放置して世界を回っていたら、ローレシアでついて来るんですねw今回は悪いことをした、ごめんなさいw

そして、ムーンブルクでの王様の台詞に激萌え!wwwww↓
CA3E0221.jpg
ローレシア王も、王女に対して「父親代わり」等と言っているし、ロレムン要素何気に濃いけど、それを「じんた」と「なるこ」でやると益々興奮する*^^*

・・・だがしかし、ムーンブルク王、ずっと魂が彷徨って、最後に皆に姿を見せて成仏、って、キャラ名がこれだと、この王様がめんまじゃないか、という発想がどうしても・・w(>こら!)

・そんなわけでDQ2の2人クリア、思ったより楽に無事成功しました(^^)
因みに相棒は、GB版DQ3で、私の影響により、仲間3人の名前を「めんま」「あなる」「つるこ」にして冒険を進めているようですw
2014.03.20 Thu l プレイ日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top
・過去のこの2つの日記↓
http://idealistkris.blog.fc2.com/blog-entry-126.html
http://idealistkris.blog.fc2.com/blog-entry-135.html
に書いたように今年になって入手した昔のゲーム、「スーパードンキーコング2」を、半年近くかかって裏面含めて完全クリアした;
アクションゲーム苦手とはいえ、タイムが17時間55分というのは幾らなんでも掛かり過ぎだ;上手い人は2時間程度でできるっぽい;まぁ、所見のデータですがw
(↑というか、SDK3は、エリア5以前は所見じゃないのに、表面クリアだけに同じくらいの時間がかかった;)

裏ボス自体は大したことなかったけど、裏面の最後のコース(厳密にはその特定の区間)で、表面クリアの7月以降、ずっと行き詰っていた;
途中のコースにもあったようにオウムで茨の中を飛ぶんだけど、こっちでは更に風によって身体を左右に突き飛ばされる中、少しでも端っこに当たったらアウトという鬼畜なもの;

一応、上手い人のプレイでご確認頂ければと思って、ツイッターでフォローしている方の動画をリンクさせて頂きます↓(その一つ前のコースも含んでいますが)
https://www.youtube.com/watch?v=OjiPIx3wXvg
・・・それで、これが終わったら、苦節17年クリアできず今年表面を突破できた3作目を、時間あるときにやっていければと思うが、あっちの裏面の問題は、一部のボーナスステージのクリア条件が厳し過ぎるということ;ボーナス面を全てクリアできないと、裏ボスに辿り着けられないシステムになっているが、この3作目に関しては各コースのクリアよりそっちの方が難しい;

2013.11.29 Fri l プレイ日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

・先週少し話したDQソードの2週目のプレイについて。
(そういや1周目プレイ時の日記って当時mixiに書いただけでサイトの方には上げてないんだよな。今度それも作らなきゃ・・・。)

・先週、相棒のリクエストにより2週目を始める。
名前は、剣神の2作目ということで、DQ2にあやかって「もょもと」にしたw(>おい!)まぁ、ヴォイスがあっても本名で主人公の名前を声出して呼ぶ人はいないからw
因みにセティアから呼ばれる仇名は、9等で挙げられたろい他でもかなりネタにされている「チャッピー」にw

↑ただ、1度目は選択可能な際必ずセティアを連れていたんでw、今回は相棒のリクエストでディーンメインでクリアしていく予定でいる。

相棒は、少年ヤンガスでゲルダ含めて全キャラの声がナレーション式でボヤッキーだったことがトラウマで、ソードではちゃんと女性の声が当てられた故にセティアが苦手らしい。。。
(↑自分は、幼少期から「アニメハンガリー童話集」なる作品で、いわば「ポチっとな」なゲルダと同じような形による「ウチのかみさんがね~」なお姫様とかを幾らでも観ているから(謎)、ああいうナレーション式で全キャラ担当には慣れているんだが、確かに少年ヤンガスでゲルダファンがそれで傷つくのはわかる。
そもそも私は、キャラが声優に支配されてしまうという理由で、DQにヴォイスは不要、と前から唱えていたが(←逆に少年ヤンガスが出る前の相棒は声優大歓迎だったようで・・・)
しかし、それでセティアに八つ当たりするのは違うだろうと思う;

というか、その理由でセティアを嫌う相棒と同じ理屈でいったら、「DQ8ではメインヒロインが主人公とくっつくのを公式側から否定されてしまったから、ソードではそういうのが無くて主人公とセティアのカップルは自由に妄想できて羨ましいよな;」という妬みの気持ちから私がセティアを叩くようなものだろう;
↑嫌、ソードの所々で、8でゼシカとくっつけなかったことに不満を持っている人向けにセティアが作られたんじゃないか?というような場面があるけど、そりゃ確かに、代わりで癒せる傷じゃない、というのは自分も断言できる。
それこそモンクさんにとってのトゥルーディのように、ゼシカとの恋路を邪魔された件は改善されない限り永遠に消えることのないトラウマで、他のキャラがゼシカの代わりを務めることは決してできない;
しかしだからといって、それがセティアを嫌う理由にはならないし、自分好みならハマったていいじゃないかw

・だけど、それでずっとセティアばかり連れて行くと他の仲間が可哀そうだし、8と違って他キャラも人の恋路を邪魔しないから、もっと歓迎すべき、というのは正論だと思うし、ディーンとバウドも育てなきゃ、と考えた。
それで相棒のリクエストでディーンと一緒のクリアに向けてプレイ中。
ってか相棒は「ディーン=男装の麗人」説を唱えて未だにそれに固執しており、ディーンを「嫁」として見ているようだ;(何)←逆に自分、何故王族に伝わる秘密を母に教えて貰わなかったのか、と言うディーンが、実は貰い子なんじゃないかと心配するけど、なんかバウドとヒルダ王女の関係を見る限り、ディーンと主人公は腹違いの兄弟のようにも思えてくる^^;
マルチェロ&ククールといい、エイドリアン&ジャック・ジュニアといい、もう飽きたよ、それw(何)

そんなわけでメインストーリー時はディーン連れているけど、流石にセティアを無視するのはできないから、レベル上げや剣神度・メダル集め等ではセティアもよく連れて、ディーン同じ位レベルが上がっている。
そうなるとバウドが可哀そうだけど、彼も後でレベルアップさせたい。
ってか戦闘中の台詞が一番おもろいのはバウドだと思うw
だって、「肉を裂いて骨を砕け!」みたいなことを叫ぶけど、それを最初に聞いた時の相手は
しびれくらげだったwどう考えても骨は無いと思うwってか肉も無いだろうw

・武器強化素材集めにも力を入れている。メダル30枚かかる金塊を既に2つも買って、3つ目は溶岩の海で手に入った。←ってかメダルあつめは、最初の試練の洞窟でやると1回クリアするごとに運良ければ5~6枚溜まるから、凄い楽♪
それで1周目のメインの武器は、大差はないけど単純に攻撃力が一番高いのが氷系だし、同じようにそれをつかって最終的に作れる天空の剣が伝説の剣3つの中で少しだけ他より強いし、初回プレイやった時はDS番DQ5が出ていたことから氷→天空のルーツを選んだが、今回は1番楽だったのが炎だから、竜神王の剣ルーツで行く。
それで、予め金塊を蓄えたが、そういえば伝説の剣はクリア後じゃなきゃ作れないのを思い出して凹み中;
こうなったら、氷や雷系の武器も最強のものを作って、クリア後にロト・天空・竜神王全部できるようにしようかw
そういえば初回プレイでクリアした際って、凍神剣ゼロとひかるの剣、基、光の剣どっちでやったかな?;

2013.07.24 Wed l プレイ日記 l Comments (0) Trackbacks (0) l top